ウブロの最新時計 ~ジュネーブ時計見本市2018レポート~

今年1月、スイス・ジュネーブで開かれた新作時計見本市での注目モデルをゲーテでは約1カ月にわたって徹底特集!ブランドごとに“一押しモデル”をピックアップし、時計のトレンドや進化を追う。第11回はウブロ。

HUBLOT

アエロ・フュージョン クロノグラフ オーリンスキー ブルーセラミック
鮮やかな色彩の多面的な獣の彫刻で知られるフランス人現代アーティスト、リチャード・オーリンスキーとコラボレーション。ケース、ベゼル、プッシュボタン、針に至るまで、すべてファセット(切子加工)を施した腕時計は、まさに“時を示す彫刻作品”といえる。世界200本限定。

自動巻き、ブルーセラミックケース、径45mm。¥2,000,000(予価)、6月発売予定

ビッグ・バン フェラーリ マジックゴールド
2012年から続くフェラーリとのコラボレーションモデルの新作。ダイヤモンドでしかカットすることができないといわれるほどの高硬度を誇る、ウブロ独自素材のマジックゴールドをケースとベゼルに採用。非常に高い耐傷性を備える。クルマのタコメーターのようにデザインされた60分積算計と日付表示ウィンドウがクリエイティビティを押し広げている。世界250本限定。

自動巻き、18Kマジックゴールドケース、径45mm、¥3,890,000(予価)、6月発売予定

ビッグ・バン メカ-10 ブルーセラミック
最先端の技巧と超耐性素材が融合したタイムピース。歯車による独自の10日間のパワーリザーブ表示と計算尽くされたスケルトン構造が高い技術力を示し、アイコニックなインディゴブルーのセラミックケースがモダンで独創的な存在感を際立たせている。

手巻き、ブルーセラミックケース、径45mm、¥2,330,000(予価)、7月発売予定

クラシック・フュージョン チタニウム ディープブルー
創業当初のDNAを、ブランドコンセプトの“フュージョン(融合)”で再解釈した「クラシック・フュージョン」コレクションから2色の新作が登場した。グラデーションが美しいディープブルーの文字盤は日本限定。グリーンの文字盤は深みがあり、独特の存在感を放つ。いずれもシンプルな3針モデルに加え、クロノグラフもある。

自動巻き、Tiケース、径42mm、¥770,000、日本限定

クラシック・フュージョン チタニウム グリーン

自動巻き、Tiケース、径42mm、¥770,000(予価)、5月発売予定

問い合わせ
ウブロ TEL03-3263-9566

Text=ゲーテWEB編集部