強固なオリジナリティーを搭載する2016年最新作~先進工学研究所編~


LABO 04 先進工学研究所
「オーバースペック」が包容力を獲得する近道だ

最先端技術を研究。「小さなケースには多くのパーツとロマンが広がっている」が口癖。

SEIKO
グランドセイコー スプリングドライブ 8days

手巻き式スプリングドライブ、PTケース、径43mm。¥6,000,000[8月6日発売予定](セイコーウオッチお客様相談室 フリーダイヤル:0120-061-012)

端正な顔立ちの裏側にすごい機械が詰まっている
 機械式ムーブメントとクオーツ式ムーブメントの両方を自社製造するセイコーは、世界的にも稀有なマニュファクチュール。機械式とクオーツ式のメリットを両取りしたハイブリッドムーブメント「スプリングドライブ」は、セイコーだからこそ完成できた高精度技術だ。今年はセイコーの高級時計専門集団「マイクロアーティスト工房」が手がけた、8日間パワーリザーブモデルが誕生。ムーブメントのブリッジを富士山の形に仕上げ、日本生まれであることを誇示した。特別な時計なので、ケース素材にはプラチナを使用。


IWC
ビッグ・パイロット・ウォッチ・アニュアル・カレンダー"プティ・フランス"

自動巻き、18KRGケース、径46mm。世界限定250本。¥3,875,000(IWC フリーダイヤル:0120-05-1868)

パイロットウオッチはここまで美しくなれる
 作家でありパイロットでもあった、サン・テグジュペリの代表作『星の王子さま』へのオマージュを込めたモデル。12時位置に入る機構は3月1日のみ調整するだけで、1年を通して便利に使える年次カレンダー。限られたスペースにもかかわらず3枚のディスクを使って表示する優秀な設計により、美しいデザインが完成した。


TASAKI
オデッサ トゥールビヨン

手巻き、18KSAKURAゴールドケース、径43mm。¥27,000,000[受注生産](TASAKI フリーダイヤル:0120-111-446)

日本の美意識と技術が詰まっている
 日本を代表するジュエラー「TASAKI」が展開する時計コレクション。その最高峰モデルは、日本人独立時計師の浅岡肇がトゥールビヨンムーブメントを製作し、宝石の加工はTASAKIが担当。リュウズにはTASAKIのオリジナルであるリファインド リベリオン カットを施したダイヤモンドが収まる、豪奢なモデルだ。


TAG HEUER
タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ

自動巻き、SSケース、径45mm。¥575,000[予価](LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー TEL:03-5635-7054)

価格以上の満足感を必ず得られる
 スケルトン仕上げの自社製クロノグラフムーブメントを搭載。さらにケースは12体構造で、ベゼルは硬質なセラミックを採用してダイナミックなフォルムを作り上げた。これだけ凝った時計でありながら、価格を50万円台に収めているのは驚異的。クロノグラフ計測に関する針を赤でまとめることで、視認性を確保しているのも見事だ。


RALPH LAUREN
RL67 サファリ 39MM クロノメーター カーキダイヤル

自動巻き、SSケース、径39mm。¥355,000(ラルフ ローレン 表参道 TEL:03-6438-5800)

高精度で力強くかつお洒落な時計
 時計コレクターでもあるデザイナーのラルフ ローレンが手がける時計ブランド。彼のライフスタイルを投影しており、使い込んだ風合いのブラックケースは、サファリへの冒険に使う屈強な道具をイメージ。小ぶりでファッショナブルな時計だが、高精度の証であるCOSC認定クロノメーターを取得する本格派だ。


Text=篠田哲生 Photograph=鈴木泰之 Styling=石川英治(T.R.S) Illustration=佐伯ゆう子

本記事の内容は16年6月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)