週末の時間を充実させてくれる"今が旬"のコスパ最強腕時計とは?

365日着用できる時計は確かに魅力的だが、プライベートな時間に触れ合うためのお気に入りの1本は所有する喜びを大いに満たしてくれる特別な味わいがある。そんな週末の時間を充実させてくれる厳選アイテムを紹介する。


#1 ハミルトン「カーキ フィールド メカ」編

デザイン重視で選ぶ、ミリタリーテイストの機械式時計
復刻時計のブームも相まって、最近見かける機会がグンと増えたミリタリーテイストの腕時計。本格仕様のミリタリーウォッチから選ぶのも悪くはないが、ファッションに落とし込むにはそれなりのセンスが問われてくる。

詳細はこちら


#2 セイコーダイバーズ編

所有欲を満たす個性的なデザインに注目
「国産初のダイバーズウォッチ」として、1965年に産声を上げたセイコーダイバーズ。ファーストモデルを皮切りにこれまで多くの傑作を輩出している。ダイバーズウォッチというジャンルにおいて、セイコーダイバーズが特別な存在感を放つ理由。それはずばり、ひと目でそれと分かる"アイコニックな意匠"にほかならない。

詳細はこちら


#3 カンパノラの複雑機構編

クオーツ×複雑機構というカンパノラの発明
懐中時計の時代から現代にいたるまで、「複雑機構」とは機械式時計の伝統や文化の象徴のひとつにたとえられる。緻密さを極める複雑機構の製造は、これまで一部の老舗メーカーの専売特許であったのだが、近年この常識を打ち破るアプローチを実践するブランドが増えつつある。なかでも異彩を放つのが、2000年にシチズンから誕生したカンパノラにほかならない。

詳細はこちら