ゼニスの新作腕時計5選【LVMHウォッチウィーク in ドバイ】

LVMHグループのウブロ、ゼニス、ブルガリの3メゾンが、今年新たにスタートさせたドバイでの独自エキシビション。それが1月13〜15日に開催されたLVMHウォッチウィーク inドバイだ。 このイベントは時計業界にいかなる影響を及ぼすのか? そして注目モデルは? 現地取材を敢行、3回にわたってレポートする。2回目はゼニス。

レディスモデルに注力し音楽界とのコラボも継続

ジュリアン・トルナーレCEOの「夢を持ち、ハードに生きている女性たちは機械式時計の価値観に共鳴するでしょう」という言葉どおり、女性を意識するスタンスを見せたゼニス。女性用新コレクション「デファイミッドナイト」や、ペア使いもできる「エリート クラシック」「エリート ムーンフェイズ」を発表。

一方、ゼニスの"遺産"エル・プリメロの復刻、クルマやミュージックシーンとのコラボモデルも興味を引いた。「ゼニスには伝統がある分、保守性も強い。伝統と革新のバランスが大切です。社内の意識改革を進めてきた成果が出始めています」

トルナーレCEOは、今後のエキシビションにも言及した。「今年は我々が出向き、お招きするスタイルに変えた。来年は違う場所で開催するかもしれません」


デファイ21 ランドローバー エディション
パートナーとなっているランドローバーを象徴するオフロードカー「ランドローバー・ディフェンダー」の次世代車登場を祝うモデル。クロノ秒針が1秒で1周し、1/100秒計測が可能。マイクロブラスト仕上げのグレーケースがクールかつエレガント。

自動巻き、Tiケース、径44mm。限定250本。¥1,470,000[予価/3月発売予定]


ル・プリメロA384 リバイバル
1969年デビューの「エル・プリメロA384」をデザイン、サイズまで忠実に復刻。ブレスレットメーカー、ゲイ・フレアー社製の中駒にオープン部分を設けた“ラダー(梯子)”ブレスレットも再現。レトロな味わいに富む。

自動巻き、SSケース、径37mm。¥880,000[予価/4月発売予定]


デファイ エル・プリメロ21 カール・コックス エディション
テクノ、ダンスミュージック界のリビングレジェンド的DJ・プロデューサーのカール・コックスとコラボ。1/100秒計測機能を備え、9時位置にはレコード盤を模したディスク式秒表示を採用。ベゼルにスーパールミノバを塗布。カール・コックスをオマージュし、DJ用ヘッドフォンが付属。

自動巻き、カーボンケース、径44mm。限定200本。¥2,060,000[予価/5月発売予定]


パイロット タイプ20 クロノグラフ レスキュー
ブラッシュ仕上げの新SSケースに、エル・プリメロを搭載。グレーのサンレイ文字盤とリベットつきヴィンテージカーフストラップのコンビネーションもクラシカルなパイロットウォッチを彷彿とさせる。

自動巻き、SSケース、径45mm。¥840,000[予価/5月発売予定]


エリート レディ ムーンフェイズ-36MM
(上) & エリート ムーンフェイズ-40.5MM(下)
自社製3針キャリバー、エリートを搭載するコレクションに、クラシカルなムーンフェイズモデルが加わった。20世紀中葉の腕時計を再解釈したミニマルでタイムレスなデザイン。サンレイ仕上げの文字盤や、ローズゴールドケースもエレガント。男性向けサイズと、女性を意識しベゼルにダイヤモンドをセットしたタイプを用意。ペア使いも楽しめる。

上:径36mm。¥1,680,000、下:径40.5mm。¥1,470,000。ともに自動巻き、18KRGケース[予価/4月発売予定]


問い合わせ
LVMHウオッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス TEL:03-3575-5861

Text=まつあみ 靖