【タフネスウォッチ】トレンド別2018最新時計の購入指南書③

感度の鋭い男を自任するなら、時計も"旬"に乗り遅れてはならない。今年目立ったトレンドから、本誌お薦めの新作を紹介する。今回は、タフネスウォッチ編。


ギアとしてのすごみに痺れる

薄着となる夏場は、タフなスポーツウォッチで男性的なたくましさをアピールしたいと考える人も多いだろう。ここではそんな観点から、お薦めの新作をセレクトしてみた。

ちなみに時計は装飾品である一方、戦場や極限状況で正確な時を伝える"ギア"として性能面を高めてきた歴史も持つ。つまりタフネスなモデルを持つということは、ある意味で時計の本質に迫ることでもある。

もちろんひと口にタフと言っても、見た目はさまざま。ひと目でハイスペックさが伝わるアグレッシブなデザインもあれば、スーツになじむドレス感をたたえたモデルもある。さらにロンジンのように歴史の重みが外観のすごみに表れたものもある。

今夏、自分のスタイルに一番ハマるのはどれか? じっくり考えて選んでいただきたい。


G-SHOCK
MTG-B1000B-1AJF
メタルと樹脂を融合した高級感溢れるケースと、トリプルGレジスト(耐衝撃構造・耐遠心重力性能・耐振動構造)を両立するMT-Gシリーズの新作。電波ソーラーとBluetooth®を搭載した先進ムーブメントを搭載しながら、ケース構造を見直し、大幅にダウンサイジングを達成した。

クオーツ、樹脂×SSケース、径51.7mm。¥100,000(カシオ計算機 TEL 03-5334-4869)


LONGINES
ロンジン レジェンドダイバー

初期ダイビングブームを支えた同社1960年製ダイバーズに着想を得た人気シリーズに、オールブラックが登場。レトロなデザインはそのまま、ぐっとクールな雰囲気となった。ミラネーゼ調の編み模様を刻んだラバーストラップも洒脱。

自動巻き、SSケース(ブラックPVD加工)、径42mm。¥324,000[予 価/今秋発売予定]、(ロンジン TEL 03-6254-7351)


CLERC
ハイドロスカフ セントラル・クロノグラフ スモールセコンド
クレールの象徴ともいえるラグジュアリーダイバーズに加わった新たなクロノグラフ。60分積算計をセンター同軸に据え、水中で瞬時に経過時間が読み取れるようになった。海中探索のパイオニア、Sub Aviation Systems研究所による厳格なテストに合格している。500m防水。

自動巻き、SSケース(ブラックDLC加工)、径48.86mm。¥1,160,000(クレール/一新時計 TEL 03-6854-5802)


ULYSSE NARDIN
ダイバー ディープ ダイブ
高精度なマリーンクロノメーターで各国海軍の航海を助けた海の大家、ユリス・ナルダンが、満を持して放つ驚異の1000m防水ダイバーズ。2 時位置のリューズガードが迫力満点だ。文字盤をはじめ随所にシュモクザメの図案を多用した遊び心も愉しい。世界300本限定。

自動巻き、Tiケース、径46mm。¥1,390,000(ユリス・ナルダン/ソーウインドジャパン TEL 03-5211-1791)


BELL & ROSS

BR 03-92 ダイバー ブロンズ
角形BRシリーズ初の本格潜水時計として昨年登場したベル&ロス「BR 03-92ダイバー」にブロンズケースを追加。ブロンズは変質こそしないものの、時の経過や環境に応じ味わい深くエイジングする。ビンテージの計器のようなスタイルと相性抜群の素材セレクトだ。300m防水、世界限定999本。

自動巻き、ブロンズケース、径42mm。¥520,000(ベル& ロス/オールブルー TEL 03-5977-7759)


VACHERON CONSTANTIN
オーヴァーシーズ・クロノグラフ
2016年の大幅リニューアルを経て、ますます人気を高めるラグジュアリースポーツウォッチの名機に、待望の黒文字盤が登場した。ケースのメタリックな輝きとクールなコントラストをなし、よりたくましく、精悍な風貌を得た。ドレススタイルとのなじみのよさも向上する。

自動巻き、SSケース、径42.5mm。¥3,210,000(ヴァシュロン・コンスタンタン TEL 0120-63-1755)


Text=吉田 巌(十万馬力)  Photograph=岡村昌宏(CROSSOVER)  Styling=久保コウヘイ