俳優·田中圭が憧憬の念を抱く「ウブロ」の腕時計とは?

ドラマ『おっさんずラブ』の役柄も相まって、俳優・田中圭は一見、攻める役者のように見える。 しかし、その生き方は単にポジティブな姿勢を貫いているのではなく、しなやかさを併せ持っているのである。そんな男が「いつかはこのブランドが似合う役柄を演じてみたい」と憧れるのは、スイスの高級腕時計ブランド「ウブロ」。"しなやかに攻める"男が、憧憬の念を抱く時計とは――。


"しなやかに攻める"男と時計

2019年12月1日に都内スタジオで行われた「ウブロ×田中圭」の撮影とインタビュー。いまや、日本のエンタテインメントを牽引する俳優にまで成長した田中が着けた腕時計は「クラシック・フュージョン クロノグラフ チタニウム ディープブルー」「ビッグ・バン ブラックマジック」の2本。

現在はウブロを着用するような役柄を演じる機会には恵まれていないが、これからの目標として、この腕時計に憧憬の念を抱いていることを明かした。

「ウブロはスポーツのイメージが強くて、みんなの憧れでもある。今日つけた時計はシンプルでカッコいいし、色も個性的です。こういう強い時計は、よほどのクセがある役柄じゃないと負けてしまいそう。スタイリッシュで存在感のあるウブロが似合う役柄も、いつかは演じてみたいですね」

ポジティブだが、どこか冷静に自分自身を俯瞰している印象の田中圭。彼は内なる情熱を燃やしながら、多忙な日々をしなやかに生きている。

クラシック・フュージョン クロノグラフ チタニウム ディープブルー

自動巻き、Tiケース、径45mm。¥1,160,000

高級時計の世界にカラフルな色を取り入れたのは知られざるウブロの功績である。このモデルは、ダイアルやストラップを、トレンド色であるブルーでまとめた。ダークで落ち着いた色調なので高級感が高まり、クラシカルなビジネススタイルとも好相性。日本限定。

ビッグ・バン ブラックマジック

自動巻き、ブラックセラミックケース、径44mm。¥1,660,000

硬度が高くて傷がつきにくく、精悍なルックスに仕上がるブラックセラミックを、ケースとベゼルに使用。ダイアルはカーボンで、ストラップはブラックラバー。質感の違いで黒いグラデーションを演出するクールな時計に仕上がっている。

Kei Tanaka
1984年東京都生まれ。2000年にCMデビューし、’03年ドラマ『WATER BOYS』で注目を集める。’18年に主演した『おっさんずラブ』は日本中に社会現象を巻き起こし、’19年も人気ドラマ『あなたの番です』などで主演を務めた。『ぐるぐるナインティナイン グルメチキンレース ゴチになります!』のレギュラー出演など、多方面で活躍する。


しなやかに攻める「ウブロ」ラインナップ

ビッグ・バン スチール

自動巻き、SSケース、径44mm。¥1,330,000

高級時計の定番であるステンレススチール素材も、ビッグ・バン特有の立体的なケース構造に取り入れることで存在感が増してくる。全体を縦のヘアライン仕上げにすることで硬質な雰囲気が強まり、ぎらつきを抑えた、ラギッドで男っぽい雰囲気が楽しめる。


クラシック・フュージョン クロノグラフ チタニウム レーシンググレー

自動巻き、Tiケース、径45mm。¥1,160,000

グレーダイアルにサンレイ仕上げ(放射状に広がる筋目模様)を施しており、光の当たり方によって見え方に濃淡が生まれる仕組みとなっている。横二つ目レイアウトのおかげでクラシカルな雰囲気があり、クロノグラフでありながらシックな腕元が完成する。


クラシック・フュージョン チタニウム ディープブルー

自動巻き、Tiケース、径42mm。¥770,000

上記で田中圭が着用している時計の3針モデル。深みがあるブルー文字盤にグラデーション加工を施した日本限定。チタンケースと組み合わせて凛とした佇まいに。ダイアルカラーに合わせたアリゲーター×ラバーストラップの仕上げも美しい。日本限定。

問い合わせ
ウブロ:03-5635-7055
https://www.hublot.com

Text=篠田哲生 Photograph=秦 淳司 Styling=山本隆司 Hair & Make-up=大橋 覚(VANESSA+embrasse)