周りとの違いをさり気なくアピールする角型ウォッチ6選!【テーマ別コスパ最強腕時計⑤】

スーツや靴と同じように、時計もTPOを意識して選ぶべきだ。初対面の相手と打ち解けたい、 時計好きの先輩や上司との関係を良好にしたい、 あるいはモテたいなど、その動機は何でもいい。心を動かし、実を得る、最高の時計をテーマ別に紹介する。第5回は、周りとの違いをさり気なくアピールできる小粋な角型ウォッチ。


SQUARE SHAPE

歯車の回転運動を利用して動く時計は、丸型構造が合理的であり、世の時計の80%以上がラウンドケースである。だからこそ“角型”が面白い。シャツの袖口からチラリと見えるだけで、気の利いた時計をつけているとわかるし、アールデコ様式のケースデザインは、普遍的な美しさがある。王道を好まぬこだわり派にこそ、選んでほしい時計だ。

右:時計は下記のLONGINES、ニット¥46,000(リコントラント/トゥモローランド TEL:0120-923-135)、パンツ¥39,000(ピーティーゼロウーノ フォワード/PT JAPAN TEL:03-5485-0058)左:コート¥157,000(マッキントッシュ/マッキントッシュ青山店 TEL:03-6418-5711)


LONGINES

ロンジン ドルチェヴィータ
イタリア語で“甘い生活”を意味するモデル名が示すように、アールデコ様式の柔らかなフォルムで腕元に艶っぽさを連れてくる。ローマ数字のインデックスやレイルウェイ模様と呼ばれるミニッツカウンターなど、20世紀初頭から受け継がれる伝統的なスタイルを継承している。

自動巻き、SSケース、縦43.8×横27.7mm。¥190,000(ロンジン TEL:03-6254-7351)


TIFFANY & Co.

ティファニー イースト ウエスト
ティファニーの1940年代製トラベルクロックをアイデアソースとした、長方形ウォッチ。リュウズ位置に12時を持ってくる独特のレイアウトが楽しい。ダイヤルには放射線状に広がるダイナミックなギョーシェ彫りをあしらった。

自動巻き、SSケース、縦46.5×横27.5mm。¥600,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク TEL:0120-488-712)


BELL & ROSS

BR S-92 ゴールデン ヘリテージ
航空計器をそのまま腕時計にしたベル&ロスのBRシリーズのエレガンス版。デザインの骨子は同じだが、ケースを小ぶりにし、針やインデックスも細くして洗練された雰囲気に。ドレッシーな雰囲気があるので、スーツやジャケットに合わせると腕元が華やぐ。

自動巻き、SSケース、縦39×横39mm。¥385,000(オールブルー TEL:03-5977-7759)


TISSOT

ティソ ヘリテージ バナナ
1916年に誕生したブランドのアイコニックモデル。ケースはかなり長いが、“バナナ”と称されるほど大きく湾曲しているため、腕なじみは良好。グラフィカルなインデックスやブルー針など、クラシカルな表現を随所に加えており、アクセサリー効果も高い。

クオーツ、SSケース、縦49×横27mm。¥43,000(ティソ/スウォッチ グループ ジャパン TEL:03-6254-7361)


JAEGER-LECOULTRE

レベルソ・クラシック・ミディアム・スモールセコンド
ポロ競技中に風防が割れないように考案された反転型の長方形ケースを持つ、時計業界のマスターピース。1931年に誕生して以来そのスタイルを守っており、時計愛好家からも熱烈に支持されている。ケースを反転すると現れるケースバックには、刻印なども可能である。

手巻き、SSケース、縦42.9×横25.5mm。¥660,000(ジャガー・ルクルト TEL:0120-79-1833)


BAUME & MERCIER

ハンプトン
ニューヨーク郊外の保養地ハンプトンに流れる、優雅な空気感を内包した長方形ウォッチ。ゴールドの針&インデックスとブラウンストラップの組み合わせはほどよい色気がある。ケースデザインは端正と優雅さをミックスしたアールデコ様式で、普遍的な美しさを楽しめる。

自動巻き、SSケース、縦47×横31mm。¥255,000(ボーム&メルシエ TEL:03-4461-8030)


Edit=西原幸平(EATer)  Text=篠田哲生 Photograph=ゴッティンガム Styling=中兼英朗(S-14)