腕時計はGOLD! 知的さを秘めたローズゴールドウォッチ2選

赤みがかった18K素材には、レッドゴールド、ローズゴールド、ピンクゴールドといった呼称がある。なじみのいいしっとりとした雰囲気から、高貴なイメージや攻めた存在感まで、銅の含有率によって赤み具合が異なり、そこにブランドごと、モデルごとの個性が覗く。ゴールド初心者から上級者まで選択肢は豊富。まずトライするならこの色がいいだろう。


PAUL PICOT

ニューテクニカム
ヴィンテージウォッチの世界では有名な傑作ムーブメント、レマニア1872を搭載する、古典的なクロノグラフ。2つ目のレイアウトが20世紀中頃の雰囲気を作る。この上品な佇まいを格上げするのが赤みの強いゴールドの艶っぽさ。エレガントの極みである。

手巻き、18Kローズゴールドケース、径40mm。¥2,314,000(一新時計 TEL:03-6854-5802)


BELL & ROSS

BR05 GOLD
航空計器をイメージしたBRシリーズから生まれた新作「BR05」。角を落としてブレスレットと一体化させるデザインは、どこか都会的な雰囲気。ブレスレットまでゴールドで揃えると迫力満点だ。サテン&ポリッシュで仕上げ分ける繊細さも兼備。

自動巻き、18Kローズゴールドケース、径40mm。¥3,700,000(ベル& ロス ジャパン TEL:03-5977-7759)


Edit & Text=髙村将司 Text=まつあみ 靖、篠田哲生 Photograph=藤本憲一郎(A.K.A.) Styling=遠藤慎也


【関連記事】
腕時計はGOLD! 優雅さを備えたイエローゴールドウォッチ5選

腕時計はGOLD! 気品あふれるピンクゴールドウォッチ3選

腕時計はGOLD! 色気を醸し出すレッドゴールド5選

腕時計はGOLDを極めよ! 今なぜゴールドウォッチなのか?