TUDORの時計が日本再上陸! 呼び名は「チュードル」から「チューダー」へ

ロレックスの兄弟ブランドであり、「チュードル」という呼び名で販売されてきたTUDOR。この10月に、ブランド名の発症である、イギリスで15~16世紀に絶対王政を確立した「チューダー朝」にあやかり、「チューダー」という正式な呼び名で日本に再上陸を果たした。


冒険の歴史で磨き抜かれた機能

15世紀イギリスに興ったチューダー朝を支持したのは、ジェントリーやヨーマンといわれる新興ブルジョアだった。経済発展とともに台頭した資本家階級であり、貴族より身分は低かったものの、財政的な支援で絶対王政を支えたのだ。

ここから名づけられた名門チューダーが、待望の日本上陸を果たす。1926年誕生の同ブランドの創設背景はロレックスの歴史と重なる。それは、ロレックスが王冠をシンボルにするのに対し、チューダーがチューダー朝のバラの家紋を掲げることに象徴されている。

ブレザー¥75,000、シャツ¥15,000(ともにポロラルフ ローレン/ラルフ ローレンTEL:0120・3274・20)、メガネ¥27,000(ペルソール/サンライズTEL:03・6427・2980)

一方でチューダー朝が近代的な王政を築いたように、チューダーもその先進性を誇る。ファブリックストラップもそのひとつ。名門の風格を軽やかに彩る躍動感は、日本でのデビューを飾るにふさわしい。


いずれもクロノメーター取得の自社開発ムーブメントを搭載し、約70時間のパワーリザーブと200m防水を誇る。ともに10月31日発売予定。右:「ブラックベイ GMT」自動巻き、SSケース、径41mm、ファブリックストラップ。¥350,000[予価] 左:「ブラックベイ FIFTY-EIGHT」自動巻き、SSケース、径39mm、ファブリックストラップ。¥320,000[予価]


問い合わせ
日本ロレックスTEL:03・3216・5671

Direction=島田 明 Text=柴田 充 Photograph=前田 晃 Styling=久保コウヘイ Hair & Make-up=MASAYUKI(The VOICE)