今さら聞けない! 機械式腕時計7大機構<クロノグラフ編>

クロノグラフ、トゥールビヨン、永久カレンダー、ムーンフェイズ、パワーリザーブ、ミニッツリピーター、レトログラード。いつの時代も大人の男たちを魅了し続けてきた機械式腕時計には、こうした数々の革新的な「機構」が存在する。時計好きを公言しているあたなは、本当にすべてを理解しているだろうか? 今さら聞けない基本的な機構を、時計ジャーナリストの篠田哲生氏が徹底解説する。第1回は「クロノグラフ」。

【クロノグラフ】

要するに時間を計測する「ストップウォッチ機能」のこと。考案者は数々の時計機構を開発した天才時計師アブラアン-ルイ・ブレゲであり、ふたつの秒針を使うことで経過時間を計測する機構を1820年に考案。さらに1822年には愛弟子ファットンとの共作で、回転する秒針が文字盤上にインクがポタリを落下させて時間を計測する機構を作った。

ちなみに「Choronograph」は、時の神「CHRONOS(クロノス)」に"書き記す"を意味する「Graph(グラフ)」合わせた造語だが、これはインクを使っていたことに由来する。その後、クロノグラフの開発は進み、懐中時計のサイズまで進化。工場での生産管理や車や飛行機の計器、あるいはスポーツ計時のための実用的な道具として飛躍的に発展していく。

その一方で小さくて読みにくい腕時計に搭載する必要はほとんどなかったため、ハイレベルなメカニズムを堪能するための“知的な時計”として、医師や将校など知的職業人から愛されるようになる。

初の腕時計式クロノグラフを開発したのはブライトリングで、1915年に実現。さらにスタート/ストップボタンとリセットボタンを持つメカニズムも考案し、現代的クロノグラフの始祖とされる。

現在は高品質の汎用ムーブメントが多く出回っているため、クロノグラフ機構自体は珍しくなくなったが、「手巻き式クロノグラフ」だけは別格の扱いを受けている。それは微細なパーツまで丁寧に磨き上げるという古典的な時計製造をこのしている数少ないジャンルだからであり、それゆえ極一部の雲上ブランドだけが製造している。また、ふたつの対象を同時に計測できるスプリットセコンド式クロノグラフも、ワンランク上の機構として評価される。


注目のクロノグラフはこの1本!

BREGUET

ブレゲ  マリーン クロノグラフ 5527
スイスで生まれ、パリで活躍した天才時計師アブラアン-ルイ・ブレゲが、1775年に立ち上げた時計工房をルーツとする。このモデルは、彼がフランス海軍(マリーン)の御用達時計師として活動していたという歴史的逸話を背景とする、100m防水のエレガンススポーティウォッチ。今年リニューアルされ、デザインを刷新。ケース素材は3種類で、機構は3針やアラーム、そしてクロノグラフを用意。クロノグラフは、インダイヤルのサイズをそれぞれ変えるなど、細やかなアクセントを加えている。

自動巻き(Cal.582QA)、2万8800振動/時、パワーリザーブ約48時間、18K0Gケース、径42.3㎜。¥3,660,000[予価][今秋発売予定](ブレゲ ブティック銀座 TEL 03-6254-7211)


Text=篠田哲生