【ベル&ロス】いい大人が知るべき超人気時計ブランドの最新カルテ⑧

高級時計とひと口に言っても、哲学や表現される世界観は千差万別。この世にあるメーカーをすべて把握するのは骨だろう。 そこで、高級時計をはじめて手に取るビギナーに向けて、編集部が20ブランドを厳選。 ブランドごとに「仕事で得する」お薦めモデルを厳選し、解説を添えた。 はたしてヤングエグゼクティブの腕元には、どんな時計が似合うのか。 まずは、このカルテから理解を深めて、自分にフィットする1本を選ばれたい。第8回は、ベル&ロス。


ミリタリーウォッチの機能性を仕事でも

ファッション通には、人気の角形モデル「BR 01」でもおなじみかもしれない。

「形は機能に従う」というコンセプトのもと、航空機の計器に着想を得た視認性の高いミリタリーウォッチを次々とリリースし、現在の地位を確立した。近年では、カーボンやセラミックなどの新素材を積極的に採用したハイエンドなウォッチで先進性をアピールする。

一方で、ラウンド型の「BR V」シリーズを小型化し、現代のニーズに合わせて第3世代にアップデート。角形の「BRシリーズ」も近年はサイズダウンし、当初はレディスだった39㎜サイズの「BR S」も拡充。

スマート化することでビジネスでの応用も可能となった。ミリタリー由来の骨太感もアクセントとなるだろう。

BELL & ROSS[ベル&ロス]
[創業年] 1992年
[創業者] ブルーノ・ベラミッシュ、カルロス・ロシロ
[創業地] フランス/パリ
[CEO] ブルーノ・ベラミッシュ、カルロス・ロシロ
[アンバサダー] ルノー・スポール F1チームなど
[トリビア] 角形「BR 01」が、ラルフ ローレンの広告に使用され一躍話題に。


BR V2-94 スティール ヘリテージ
1940年代の航空機器にオマージュを捧げたビンテージコレクションの第3世代となる「BR V2」のクロノグラフ。マット仕上げの文字盤にサンドカラーのスーパールミノバを塗布したインデックスが、ビンテージ感を高める。また、下地の仕上げを変えたツーカウンターのサブダイヤルと相まり視認性を実現。

自動巻き、SSケース、径41mm。¥570,000


BR V2-93 GMT
新世代「BR V2」シリーズに加わるGMTモデルも、ブランドの長所である計器からのインスピレーションが冴えわたる。第2時刻を示す24時間表示の回転式ベゼルを示すGMT針がポイント。ダイヤルに溶け込む黒い針は先端のみをオレンジの矢印とすることで、インデックスを明確に指し示すことができる。

自動巻き、SSケース、径41mm。¥390,000


BR 03-92 ホロブラック
次々と新作が投入される、看板モデルの43mmサイズとなる「BR 03」シリーズからの新作。マイクロブラスト加工が施されたマットな仕上げのグレーボディに、ブラックのスーパールミノバインデックスが映えてシックな世界観を構築。このコントラストが高く、視認性も十分確保。世界限定999本。

自動巻き、SSケース、縦42×横42mm。¥420,000


BR S-92 マットグレー
軍用航空機の計器を出自とするだけにミリタリーテイストの色濃い「BR」シリーズ。ただ、植字式のバーインデックスやバトン式の針とディテールを変更するだけで印象はガラリと変貌。39mmのケースにサンドブラスト加工が施されたマットなグレーにより、控えめなエレガンスを醸しだす。

自動巻き、SSケース、径41mm。¥390,000


問い合わせ
ベル&ロス/オールブルー TEL 03-5977-7759

Text=髙村将司 Illustration=ソリマチアキラ Edit=増山直樹