ミリタリー、スケルトン、復刻、定番、ゴールド…。仕事で得する腕時計まとめ<テーマ別後編>

スーツや靴と同じように、時計もTPOを意識して選ぶべきだ。初対面の相手と打ち解けたい、 時計好きの先輩や上司との関係を良好にしたい、 あるいはモテたいなど、その動機は何でもいい。心を動かし、実を得る、最高の時計をテーマ別に紹介する。


①場所を選ばず使える質実剛健なミリタリーウォッチ

そもそも戦場で使われる時計とは、手荒に使っても故障せず、いかなる状況下でも針が読め、大量供給するためにコストが低いという要素が求められた。つまりミリタリーウォッチは時計としての能力に優れつつ、手に入れやすい価格でなければならない。その思想は現代まで受け継がれているので、経済観念がしっかりした人にお薦めである。

BELL & ROSS

BR V2-92 スティール ヘリテージ
1940年代の航空計器をイメージしたモデル。シンプルな表示のインデックスや針には、サンドべージュの夜光塗料を使って“日焼けで劣化した風合い”を追加。さらに、サファイアクリスタル製の風防ガラスはドーム型になっており、ビンテージウォッチのような雰囲気をさらに強める。

自動巻き、SSケース、径41mm。¥390,000(オールブルー TEL:03-5977-7759)


②ギミック好き必携の個性溢れるスケルトンウォッチ

時計は趣味の世界なので、いくら老舗ブランドであっても知名度はさほど高くない。しかしわかりやすいギミックがあれば話は別だ。ダイヤルの小窓が開いているモデルは、見るからに"普通じゃない"とわかる。個性が明確なのだ。そのため、褒め所や語り所がわかるので会話のきっかけにしやすい。コミュニケーション重視派にこそ選んでほしい。

ZENITH

エル・プリメロ クロノマスター オープン
1969年に生まれ、現在も業界トップの実力を持つクロノグラフムーブメントの傑作「エル・プリメロ」を搭載。その高速振動を見せるために10時位置に小窓を開けたのが、モデル名にもつけられている"オープン"というスタイルだ。チクタクと時が刻まれる瞬間は見飽きることがない。

自動巻き、SSケース、径42mm。¥925,000(ゼニス ブティック銀座 TEL:03-5524-6420)


③嫌味がなくて上司ウケする復刻ウォッチ

よい時計をつけていると上司の目が……という人もいるだろう。そういう場合は“復刻モデル”が狙いめである。レトロな雰囲気なので嫌みがないし、アンティークウォッチにも通じる品のよさがある。上司がかつてオリジナルモデルを持っていた! なんて可能性もあるので、思い出話でも引きだしながら、その場を盛り上げることができるのだ。

OMEGA

シーマスター 1948 マスター クロノメーター スモールセコンド
防水時計として1948年に誕生した初代シーマスターの姿を復刻。ケースサイズは38mmにやや拡大し、超耐磁&高精度のマスター クロノメータームーブメントへと進化したが、中央が盛り上がったダイヤルやリーフ針などは継承。オールドファン感涙の完成度。

世界限定1948本。自動巻き、SSケース、径38mm。¥710,000(オメガお客様センター TEL:03-5952-4400)


④マニアが喜ぶ蘊蓄満載の プチコンプリモデル

どんな職場であっても、必ず時計にうるさい人がいる。そういった人にも一目置かれたいなら、蘊蓄満載のプチコンプリモデルがいいだろう。ムーンフェイズやレトログラードなど、動きが面白い機構を選ぶのがツウっぽい。ただし必ずマニアックな時計談議になるので、理論武装はお忘れなく。そうすれば、あなたも立派な時計マニアの仲間入り。

MAURICE LACROIX

マスターピース・カレンダー・レトログラード
フランス語で“逆行”を意味するレトログラード機構は、針が扇型に動き、終点まで到達するとビュンと始点に戻って再び動きだすダイナミックなメカニズム。モーリスラクロアのこのモデルは10時位置のカレンダーがレトログラード針となる。ダイヤルに刻まれた装飾もまた美しい。

自動巻き、SSケース、径43mm。¥500,000(DKSHジャパンTEL:03-5441-4515)


⑤長く愛されるには理由がある。ロングセラーの定番ウォッチ

スーツや靴と同じように、時計もTPOを意識して選ぶべきだ。初対面の相手と打ち解けたい、 時計好きの先輩や上司との関係を良好にしたい、 あるいはモテたいなど、その動機は何でもいい。心を動かし、実を得る、最高の時計をテーマ別に紹介する。ミレニアルズも欲しくなること間違いなしの新定番ウォッチ。

HUBLOT

ビッグ・バン スチール セラミック
2005年に誕生するや、あっという間に時計業界を席巻した「ビッグ・バン」。そのファーストモデルのひとつで今も人気なのが、ステンレススチールとセラミックを組み合わせた本モデル。さまざまな素材を融合し、モノトーンのなかに深みを加えるのだ。

自動巻き、SSケース、径44mm。¥1,440,000(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ TEL:03-5635-7055)


⑥資産にもなるゴールドウォッチ

"高級時計は一生モノ"というが、何らかの理由で手放す必要が生じることもあろう。そういった際の"換金資産"として考えると、ゴールドウォッチは魅力的だ。そもそもゴールド素材の価値は目減りしないどころか上昇傾向にあるし、時計自体の希少性も高い。もちろん、年を重ねるほど似合う時計なので、いつまでも愛し抜けるという点も魅力。

GRAND SEIKO

SBGH222
ラグジュアリーウォッチにも力を入れ始めたグランドセイコー。高振動の自社製ムーブメントに特別な調整を施して高精度を実現したこのスペシャルモデルは、GSのこだわりが詰まった1本に。完璧なメンテナンス体制が整っているので、末長く愛し抜けるだろう。

自動巻き、18KPGケース、径38mm。¥2,450,000(グランドセイコー専用ダイヤル TEL:0120-302-617)