速報!【グランドセイコー】日本が誇る“現代の名工”ここにあり。優美で精緻な新デザインとは?  PART2

世界最大規模の時計見本市であるバーゼルワールド2018が22日、スイス・バーゼルで幕を開けた。1960年の誕生以来、高い次元で腕時計の進歩を重ねてきたグランドセイコーは’98年に開発された「キャリバー9S 」の20周年を記念した新デザインモデルを発表。ゲーテでは、その大注目の新作をいち早く公開する。PART2は、イエローゴールド製モデルとステンレススチール製モデルの限定品。

「SPECIAL」な高精度を誇る至極のムーブメント

「キャリバー9S 」の20周年を記念した新デザインモデル。PART1で紹介したプラチナケース製モデル(V.F.A.モデル)のほかにも、18Kイエローゴールドとステンレススチールモデルも発表された。

18Kイエローゴールドモデルは、10振動ムーブメント「キャリバー9S85」をより高精度に追い込んだスペシャルな規格品。

平均日差+4秒~-2秒まで精度を高め、その証として文字盤の6時位置に「SPECIAL」の文字を表記している。その一方のステンレススチールモデルは、深いブルーのダイヤルが特徴で、ケースバックから覗く回転錘は陽極酸化処理を処したブルーのチタン(外周部はタングステン)製。


SBGH266

自動巻き、18KYGケース、径39.5mm、¥2,800,000、3月24日発売、世界150本限定
V.F.A.モデル同様、回転錘に18Kイエローゴールド製の獅子の紋章をあしらう。
「グランドセイコー スペシャル規格検定」合格の証である「SPECIAL」表記入り。


SBGH267

自動巻き、SSケース、径39.5mm、¥650,000、3月24日発売、世界1500本限定
ステンレスモデルのみ、陽極酸化処理を施したブルーのチタン(外周部はタングステン)製の回転錘を採用。
ネイビーカラーのダイヤル、メタルブレスレットのSBGH267は、さらに緊張感が高まる。

時計の詳細は、こちらから(グランドセイコー限定モデル特設サイト)

国内取り扱い店
グランドセイコーマスターショップ >>

グランドセイコーPart1へ

Text=ゲーテWEB編集部