【グランドセイコー】鋭い男にはスポーティが似合う!~最先端クオーツの進化と革新~

“端正なビジネスウォッチ”という印象が強いグランドセイコーだが、徐々にデザインの幅を広げている。 新作モデルは最高峰のクオーツムーブメントを搭載することで、洗練されたスポーツウォッチが完成した。


オンもオフも使えるマルチな相棒

最高峰の時計を目指すグランドセイコーは、昨年独立ブランドとなったことで、コンセプトやデザイン面で大きな広がりを見せている。特に力を入れているのが、スポーツウォッチの拡充。しかしグランドセイコーのスタイルを継承するためにデザインは上質さを残しつつ、防水性能や耐磁性能、ねじ込み式リュウズなどで堅牢性を高めている。

今期登場する新作モデルは、どちらもクオーツムーブメントを搭載しているが、これも理由があってのこと。精度は圧倒的に優れ、しかも扱いやすい。衝撃に強いというのも大きなメリットだ。セイコーは世界で初めてクオーツ式腕時計を市販化した名門であり、クオーツムーブメントのパイオニアでもある。だからこそ価値があるのだ。

搭載される自社製の「キャリバー9F」は、グランドセイコーらしい顔を作る太くて長い針を動かすため、「ツインパルス制御モーター」で強いトルクを生みだし、長い秒針のふらつきを軽減させる「バックラッシュ・オート・アジャスト機構」を採用し、品質も最高峰である。

上質なデザインと優れたムーブメントを融合させたスポーツウォッチは、オンもオフも使えるマルチな相棒になる。


Smart and Simple

SBGN005
25年間受け継がれてきたキャリバー9Fの初の派生版として、GMT機能を加えたキャリバー9F86が完成。赤い24時針を備え、2ヵ国の時刻を表示することができる。リュウズを引いて回すと時針がジャンプして動くため、クオーツ式の高い精度を失うことなく、簡単に時差修正が可能になる。

スポーツコレクション マスターショップ専用モデル。クオーツ、SSケース、径39mm。¥330,000(2019年1月12日発売予定)


Active and Tough

SBGV245
面を生かしたケースデザインで、キリッとした表情を引きだしたスポーツウォッチ。筋目模様とポリッシュ仕上げを巧みに使い分けることで、メリハリのある輝きが美しい。グランドセイコー初となるコーデュラファブリックでグレーのストラップを作り、タフさとファッション性を両立させた。

スポーツコレクション クオーツ、SSケース、径40mm。¥300,000


問い合わせ
セイコーウオッチ お客様相談室 グランドセイコー専用ダイヤル TEL 0120-302-617(9:30~21:00、土・日・祝日9:30~17:30)

Text=篠田哲生 Photograph=岡村昌宏(CROSSOVER)


【アストロン】上質を追求したGPSソーラーは、ウォッチグローバリスト2.0への挑戦状
品格ウォッチ 2018.11.22
Sponsored by セイコー