【G-SHOCK×トランスフォーマー】夢のコラボレーションが実現! その制作秘話<前編>

耐衝撃性能を追求した腕時計「G-SHOCK」と変形おもちゃの「トランスフォーマー」。どちらも日本で生まれ世界で認められたプロダクトであり、今ではひとつのカルチャーとなっている。そんな両者がコラボレーションを行った。その名も『マスターオプティマスプライム-レゾナントモード(with G-SHOCK)』。G-SHOCK『DW-6900TF-SET』をロボットの胸部に内蔵させることができる特別仕様で、2形態に変形可能。G-SHOCKの“生みの親”伊部菊雄氏(カシオ計算機)とトランスフォーマーの“生みの親”大野光仁氏(タカラトミー)の対談でスペシャルコラボ実現までの道のりをたどった。


日本生まれの世界ブランドによる、ふたつの35周年

その始まりは2年前。トランスフォーマーを製造販売するタカラトミーが、カシオに打診したことから始まる。その提案は「変形ロボットと時計の両方でコラボレーションしたい」というもの。しかしここには問題があった。

過去にたくさんのコラボレーションG-SHOCKが作られてきたが、これらはすべて“時計のみ”。つまりカシオのレギュレーションにそぐわないため、普通であれば実現しない提案だったのだ。

『マスターオプティマスプライム-レゾナントモード(with G-SHOCK)』。G-SHOCK『DW-6900TF-SET』をロボットの胸部に内蔵させることができる。人型のロボットモードと、G‐SHOCKを美しく飾るペデスタル・プライムモード(台座モード)の2形態に変形可能。時計は国内外で人気の高い「DW-6900」をベースモデルに採用。ELバックライトには「マスターオプティマスプライム」が所属する正義の軍団「オートボット」のエンブレムが浮かび上がる。¥29,000[2018年12月発売予定]

ところがちょっとした偶然が、両者をつないだ。実はカシオの担当者も、2018年に迎える「G-SHOCK誕生35周年」に向けたプロジェクトを探しており、その一つとして“日本生まれの世界ブランド”という共通項を持つ「トランスフォーマー」とのコラボレーションを画策していたのだ。しかもG-SHOCKは1983年生まれで、トランスフォーマーは1984年生まれ。つまりこの2018年末から19年にかけ、誕生35周年という節目を迎える。

こうなれば話は早い。かくして、”ふたつの35周年を祝う”特別なプロジェクトとして、「G-SHOCK」と「トランスフォーマー」という魅惑のコラボレーションがスタートする。

左:G-SHOCKの“生みの親”伊部菊雄氏(カシオ計算機)。右:トランスフォーマーの“生みの親”大野光仁氏(タカラトミー)

大野光仁氏(以下大野) G-SHOCKという時計界のマスターピースとトランスフォーマーがコラボレーションできるなんて、夢のような企画でした。G-SHOCKというのは普通の時計ではありません。単なるデザインだけでなく、機能でもカッコよさを追求している。しかも音楽やスポーツ、ファッションなどのカルチャーと連動することで様々な方面にファンを増やしていきましたよね。トランスフォーマーもおもちゃだけでなく、映画やアパレルなど様々な形で表現されはじめた。これはG-SHOCKと似ているなと、漠然と考えていました。

伊部菊雄氏(以下伊部) 私はこのプロジェクトが始まったと聞いて、楽しみしかなかった。ハリウッドで映画化までされたトランスフォーマーは、とにかくスケールが大きな存在ですからね。しかも時計の色をどうするか……、というレベルの話ではなく、お互いの領域にダイナミックに踏み込んでいくという、今までになかったコラボレーションですから。

大野 まず考えたのは、G-SHOCKのよさをどう生かすかでした。自動車や飛行機などが変形してロボットになるというトランスフォーマーのセオリーからすると、G-SHOCKが変形してロボットにするのが理想なのですが、これだけ精密な時計を変形するのは難しい。そこで、時計と関係が深いモノとは何かを考え、G-SHOCKを美しくディスプレイするための“台座”を変形させる事にしたのです。

「夢のような企画」と語る大野氏

――ロボットとして選ばれたのは。総司令官のコンボイことオプティマスプライム。そしてG-SHOCKは、1995年に誕生し、クラシックGの代表格「6900シリーズ」。つまり35年の歴史に燦然と輝く“主役同士”を組み合わせたということになる。

大野 このプロジェクトのために、まずはストーリー設定を作りました。宇宙飛行士がつけていたG-SHOCKが何らかの理由で宇宙区間を漂い、オプティマスプライムたちがいるセイバートロン星へとたどり着いた。このG-SHOCKがトランスフォーマーたちに力を与えてるというストーリーを作り、そこからデザインを組み立てていったのです。

大野氏が作製したデザイン案。構想の段階から綿密な計画が練られていたことを物語る。

伊部 G-SHOCKを開発する際にも、ストーリー考えることもありますが、トランスフォーマーの世界観とは比べ物にならないですね。しかもそのユニークな物語をベースに、我々の想像を超えた作品を生み出す。そこは大きな刺激になりますね。しかもロボットの胸部という大切な場所にG-SHOCKを収めてくれるだけでも凄いことですが、しかも台座が変形するというアイデアには感動しました。

「今までになかったコラボレーション」と語る伊部氏。

――しかも時計×変形ロボットという商品のコラボレーションだけでなく、広報用のショートムービーでもコラボレーションしているのもユニークな試みだ。まずは2017年末に「G-STEEL」コレクションを主役に、カシオ主導で製作したムービーを公開。そして2018年には、タカラトミーが主導したムービーを公開。製品だけでなく、世界観を共有しながら密接なパートナーシップを重ねていく。

35年もの歴史を重ねた結果、「G-SHOCK」も「トランスフォーマー」は、単なるプロダクトの価値を超え、世代や国境を超えて広がるポップカルチャーになった。共通項が多い両者の出会いは、もはや必然だったのだろう。

後編に続く(11月28日掲載)


Kikuo Ibe
1952年生まれ。'76年、カシオ計算機に入社。設計部に配属され、デジタル時計の構造開発を担当。'81年、時計を落として壊した実体験をもとに自らの提案で「G-SHOCK」を商品化。その後、商品企画部でメタル「G-SHOCK(MR-G)」などの企画も担当。ブランドの世界観を広める活動にも携わっている。
Kohjin Ohno 
1959年生まれ。'80年、タカラ(現タカラトミー)に入社。「トランスフォーマー」の前身「ダイアクロン」シリーズ、「ミクロマン」シリーズの開発に携わる。以降、企画開発担当者として「トランスフォーマー」シリーズを中心に現在まで30年以上、おもちゃ開発一筋の人生を歩んでいる。


Text=篠田哲生 Photograph=吉田タカユキ


【G-SHOCK×トランスフォーマー】夢のコラボレーションが実現! その制作秘話<後編>