秋元 康が悶絶『anu Shohei Shimono』&見城 徹・小山薫堂が絶賛『ピッコログランデ』のテイクアウト【ゲーテイスト】

秋元 康、小山薫堂、中田英寿、見城 徹による、雑誌『ゲーテ』毎年恒例のレストラン大賞「ゲーテイスト」。食を愛してやまない4兄弟が紹介する店の中から、いまテイクアウトに対応している店舗を特集する。なかなか食べることができない名店の特別なメニューを特別に公開!

『anu Shohei Shimono』

創作料理/広尾 秋元 康 recommend
10年間、広尾でフレンチを提供してきた『anu Shohei Shimono(ア・ニュ ショウヘイ シモノ)』が昨年リニューアル。カウンターだけのお店に生まれ変わった。下野昌平シェフによるジャンルにとらわれない独自の料理を存分に堪能できる。「お洒落なだけでなく、記憶に残る料理を提供してくれる」と秋元 康さん。シェフの感性と経験の豊かさが融合した料理に衝撃を受けるはずだ。

カウンターならではのライブ感も好評!「食材へのこだわりを共有したい」と話す、下野昌平シェフ。

現在、『anu Shohei Shimono』では、この時期しか手に入らない希少な花山椒に程よく脂がのった上州牛のローストビーフのお弁当や、フランスの最高級マダムビュルゴー家のシャラン鴨を使ったお弁当などを用意する。「大変な世の中ですが、GW中の食事のひととき、少しでも皆様の気持ちが癒されたり、楽しい気持ちになれるよう一生懸命つくりました」と下野シェフ。


テイクアウトメニュー ※価格はすべて税込み
花山椒ローストビーフ弁当 ¥5,000
花山椒マダムビュルゴーシャラン鴨と自家製味噌漬けフォアグラ弁当 ¥5,000
フランス産ピジョン(鳩)のおつまみセット ¥10,000
日替わりお惣菜・随時6種類ほど(メニューは例)
和牛タンシチュー ¥1,800
大山鶏のクリームシチュー ¥900
トマトチキンカレー ¥1,100
トムヤムクンラーメンセット ¥1,200
ローストビーフ 100g ¥1,800(量り売り)
※シチューなどは冷蔵で2〜3日間、冷凍で2週間ほどストック可能

▼予約方法
FacebookInstagram、のダイレクトメッセージ (お弁当の予約は前日18時まで、惣菜などは当日テイクアウト可能なメニューもあり)、またはTableCheckの専用予約サイトより。
▼引取り時間
16:00〜18:00
▼引取り場所
anu Shohei Shimono(東京都渋谷区広尾5-19-4 SR広尾ビル1F)
※支払いは現金のみ


『ピッコログランデ』

イタリアン/麻布十番 見城 徹・秋元 康・小山薫堂 recommend
麻布十番のイタリアンで、有名人の御用達といえば『ピッコログランデ』。創業は1996年。シェフの松倉教和さんが修行した北イタリア・ピエモンテ地方の味がベースの老舗だ。「シンプルで飽きない、いつ来ても変わらない、ほっとできる味を心がけている」と松倉シェフ。「イタリアの友人の家でもてなされている感じ」と見城が言うように、芸能人御用達だが、一般の人も分け隔てなく、まったくもって気取っていない。

コーナー席は見城 徹のお気に入り。オーナーシェフの松倉教和氏は、昔ながらの味を大切にしている。

この名店が、外出自粛の今、レストランの味を自宅でも楽しんでもらいたいとテイクアウト営業をスタート。前菜からパスタにピッツァ、メインディッシュ、そしてデザートまで幅広いメニューを用意している。数量限定のランチボックスなど、毎日メニューが変わるため、何度も注文したくなる。毎日更新されるお店のInstagramを欠かさずにチェックしたい。

豊富なテイクアウトメニュー。平日数量限定のピッコロボックス¥1,500、土日祝数量限定のグランデボックス¥2,500が人気。

▼予約方法
TEL 03-3457-0665
▼引取り時間
11:30〜21:00
▼引取り場所
ピッコログランデ(東京都港区麻布十番3-7-2)


コロナ終息後に行きたい! 感涙レストラン52
6・7月合併号の総力特集は、毎年恒例の「ゲーテイスト」。 今年も秋元 康、小山薫堂、中田英寿、見城 徹の4兄弟が1年間かけて探し歩いた52軒を紹介する。仕事の疲れも忘れ、思わず「美味い!」と唸らせてくれていたシェフ、スタッフ、生産者、すべての人に敬意と感謝を込めて……。

購入はコチラから


Text=田中美紗貴(ゲーテWEB編集部)