『焼肉うしごろ 銀座店』でコムタン鍋を囲む至福の時間

圧倒的な“肉力”を堪能できる『うしごろ』ブランドの中でも、『焼肉うしごろ 銀座店』でしか食べることができない冬季特別メニュー(1月10日~3月31日)がある。大人数でも鍋を囲むことができ、心身ともに温まる「コムタン鍋コース」。接待をはじめとする団体でのお店選びが求められるビジネスパーソンも注目のコースや、いかに――。


箸で簡単にほぐれる柔らかい牛テール  

寒い日に「身」も「心」も「場」も温めることができるスペシャルな鍋が、銀座の高級焼肉店で食すことができるのをご存知だろうか。『焼肉うしごろ 銀座店』限定で、1月から3月限定で提供されている「コムタン鍋コース」である。

メインとなる鍋はもちろんのこと、その前に出されるメニューも贅沢そのもの。

「前菜」(季節ナムル3 種盛り合わせ)から始まり、「刺し」(ザブトンの炙り握り・生雲丹添え、季節のユッケ、厳選赤身の炙りたたき)、「揚げ物」(フィレ肉のカツレツ 自家製トリュフ塩とトリュフ添え)、「焼肉」(極みの黒タン、ザブトンのすき焼き)などなど……。

「刺し」(左から) 厳選赤身の炙りたたき、 季節のユッケ 、ザブトンの炙り握り・生雲丹添え)

その時点で、すでに至福の時間を味わえること間違いないのだが、やはり、このコースの主役は、その後に振る舞われる「牛テールと手作り和牛つくねのコムタン鍋」だ。

「牛テールと手作り和牛つくねのコムタン鍋」

うしごろブランドが改良し続けている自家製コムタンに手間をかけて仕込んだ白湯。そこに、深みを出すテールスープを重ねることによって、ベースとなるスープが作られている。

そして、箸で簡単にほぐれる程に柔らかく煮込み、味を染み込ませた牛テールはまさに絶品。特製のつくねやジャガイモ、春菊との相性も抜群。そのスープに、橋爪製麺の中華縮れ麺を入れた「〆」も極上だ。

中華縮れ麺をコムタン鍋のスープに入れた「〆」

高級焼肉店でしか味わうことができない、こわだりの良質なコムタン鍋を囲むという選択肢。それは、常にお店選びのセンスが問われるビジネスパーソンにとっても魅力的だ。

ぜひとも、大事な人を連れて、至福の時間を愉しんでほしい。


『焼肉うしごろ 銀座店』限定 「コムタン鍋コース」
販売期間: 2020 年1 月10 日(金)~3 月31 日(火)
コース価格:\10,000   
店舗: 『焼肉うしごろ 銀座店』 ※限定コース
住所:東京都中央区銀座1-6-6  2F
TEL:03-3538-1129
営業時間: 月曜~金曜17:00~L.O.23:00、土曜・日曜・祝日12:00~L.O.22:30
http://ushigoro.com/    

Text=ゲーテWEB編集部