マネックス証券 清明祐子社長のビジネスに欠かせないワイン交流術とは?

仕事も趣味も「やるなら常に本気!」。そんなパワフルな清明祐子さんがワインを媒介として得たものとは?


ワインを媒介とした異業種交流

「集まった仲間は、業界も肩書も年齢もさまざま。共通しているのはワインが好きだということだけです」と、仕事後ワイン会に駆けつけたのはマネックス証券代表取締役社長・清明祐子さん。

金融の世界へ入って以来、会食でワインを飲む機会も多く、会話の幅を広げようとワインスクールへ。

「ちょうどマネックス・ハンブレクトで社長に就任した頃。金融以外の世界ともつながっていたいという意識もありました」

知れば知るほど面白くなり、1年半後にはワインエキスパートの資格も取得。そして知識と同時に清明さんが得たのは、仕事もバックグラウンドも異なる仲間たちだった。

「ワインを楽しむ時は、それこそ自分が何者であろうが、周りには関係ない。金融独特の世界以外の気づきも得られ、気負わずに自然体でいいのかなと思えるようになりました」

ロマネ・サン・ヴィヴァンやシャトー・ディケムなどお祝いにふさわしい銘柄がずらり!

マネックス証券の社長に就任後も多忙な毎日だが、ワイン仲間との時間だけは必ず確保。 

「仕事もプライベートも豊かに、というのが私のテーマ。ワインとともに仲間と楽しく時間を過ごすこと、それは確実に次の仕事へのモチベーションになっています」

Yuko Seimei
マネックス証券 代表取締役社長 大阪府生まれ。京都大学経済学部卒業後、銀行、ファンドを経て、2009年マネックス・ハンブレクトに入社し、’11年代表取締役社長に。その後マネックス証券副社長を経て、’19年4月に代表取締役に就任。


Text=牛丸由紀子 Photograph=古谷利村 撮影協力=stesso e Magari CHIC