あのAmazon Barが大変貌を遂げて帰ってきた! どっぷり浸れるお酒体験とは?

2017年に銀座で初開催し、10日間で2,500人が来場。1~2時間待ちが続くなど大盛況だったAmazon Bar。今年は天王洲キャナルエリアに場所を変え、期間限定バー「Amazon Bar ~Tasting Fest~」を9月23日(月・祝)までの期間限定で開催中だ。お酒好きなら一度は行くべきこのイベントの楽しみ方とは?


お酒の数、なんと720種類!


場所は天王洲アイル。前回の銀座から場所を変えた理由は、会場に入ればすぐにわかる。期間限定バー「Amazon Bar ~Tasting Fest~」は、天王洲キャナルエリアを存分に使い、よりエンターテイメント化した一大テイスティングイベントに変貌していたのだった。

まず入り口では、「冒険」「人気」「革新」「伝統」という4つのテーマから、自身がお酒を選ぶ際にもっとも大事にしているテーマを選択。すべてのテーマならではの日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキーなどがラインナップされていて、2,500円で3カテゴリーのお酒を試飲することができる(テイスティングセットは各カテゴリーのお酒のなかで試飲したいものを3杯選び、おつまみ1種つき。ゆえに、9杯の試飲と3種のおつまみを体験できる。追加は別途)。

楽しみを倍増させてくれるのが、約720種類ものお酒が写真とともに、説明書きされている各カテゴリーの手の込んだパンフレットだ。見知らぬお酒がズラリと並び見るだけでも楽しいのだが、今まで飲んだことがないお酒に出合えるうえに、気に入ったお酒があれば、その場でパンフレットのQRコードを読み取るとすぐに購入できるという粋な計らいが心憎い。


お酒好き、垂涎のイベントが盛りだくさん


「サントリーが贈る、ジャパニーズクラフト特別体験」「Amazon直輸入ワイン日本未上陸シャンパン先行飲み比べ」「獺祭飲み比べ体験」「ザ・プレミアム・モルツ 神泡アート体験」など、日替わりプレミアム体験は必須だ(1回のみ参加可能)。この他、9月22日(日)と9月23日(月)には、運河の台船デッキで、シンガーソングライターで日米で活躍しているエミ・マイヤー氏と、ギタリストの永井聖一氏がAmazon Barライブを開催するというから、秋の夜長を心地よく感じられることだろう(雨天変更あり)。

デートにうってつけの水辺テイスティング!?


「ビール・日本酒・焼酎」エリア、「ウイスキー」エリア、「ワイン・シャンパン」エリア等、天王洲キャナルエリアの立地を最大限に有効活用している点も見逃せない。それぞれの屋内エリアでは、雰囲気がまったく異なる演出がされていて、お洒落で落ち着いた大人の空間に仕上がっており、気持ちよくほろ酔いへと誘ってくれる。「ウイスキー」エリアは、水辺に浮かぶ船の中なので、雰囲気も抜群。お薦めは、夕暮れ時、運河沿いのテラスに座ってのテイスティング。心も身体もほどけていく。

「お酒は好きだけど、知らないお酒がたくさんあるうえに、自分の好みがわからない」「味見をする前に買うことに抵抗がある」など、そんな不安を楽しく取っ払ってくれる「Amazon Bar ~Tasting Fest~」。この週末、デートの選択肢に入れてみては?

Amazon Bar ~Tasting Fest~
期間:9月23日(月・祝)まで
営業時間:平日16:00~22:00、土・日・祝日10:00~22:00(最終入店は各日とも20:30)
場所:天王洲キャナルエリア(東京都品川区東品川2ー1ー11)
参加方法:事前予約制(受付終了)。※枠に空きがある日時のみ、特設ページで追加申込を受け付けている。※追加申込は先着順。
入場料:¥2,500 


Text=谷内田美香(ゲーテWEB編集部)