これぞ2020年の頂点! 最高級焼肉店「X-TEN-」が20,200円の特別コースを開始!

新年早々、肉好きにとって嬉しいニュースが届いた。昨年3月に東京・西麻布にオープンした最高級焼肉店「X-TEN-」が、普段は全18品32,000円のおまかせコースのみの提供のところ、1月・2月限定で全12品20,200円のお年玉コースを始めたという。こだわりの黒毛和牛の美味しさを余すところなく味わえるこのコースの内容を紹介する。


全12品の2020年お年玉コース

「焼肉X-TEN-」は、音楽プロデューサーで、肉マイスターとしても活躍する田辺晋太郎氏がプロデュースした人気店。田辺氏が、日本全国の生産者を訪ね辿り選び抜いた和牛3ブランド、宮崎県「都萬牛(とまんぎゅう)」、兵庫県「但馬玄(たじまぐろ)」、三重県「松阪牛」を提供している。

こだわりは肉選びだけに終わらない。部位ごとに最高の焼き加減で味わえるよう、専任のスタッフが特注の焼台で焼いてくれるという徹底ぶりだ。

今回のコースも、お店の焼肉愛が伝わってくる内容だ。全12品は下記のとおり。

究極のコンソメエキス/ナムル6種盛り合わせ/但馬玄ユッケ/薄切りタン/タンしゃぶ/ミノサンド/チョレギサラダ/極上レバー/丸腸シャンパン煮込み/都萬牛赤身2枚、塩、タレ/都萬牛ハラミ/但馬玄カルビ/黒毛和牛タンごろごろカレー/デザート  ※予約は17~18時、または20時半以降スタートの2部制。

  都萬牛赤身/都萬牛ハラミ/但馬玄カルビ  
  薄切りタン/タンしゃぶ  

想像するだけでもその美味しさに浸れそうだが、一品一品へのこだわりをもう少し詳しく紹介したい。

例えば「但馬玄ユッケ」。但馬玄は、脂の融点が12度と低いため、本マグロのように口の中で溶けて旨味が広がるのが特徴。今回はこの肉を、卵黄、ごま油、TEN特製ダレで和え、仕上げに、キャビア、ウニ、トリュフで飾る。濃厚な肉の旨味が、豪華食材とのコラボレートによってさらに深まり、口の中でその美味しさの余韻をいつまでも楽しみたくなる。

  但馬玄ユッケ  

「黒毛和牛タンごろごろカレー」は、但馬牛をはじめ、「焼肉X-TEN-」が扱う最上級のタンや肉が、ネーミングの通りごろごろと入ったカレー。7種類のスパイスを配合し、隠し味として加えられているのが、なんと最高級バターの「エシレバター」。スパイシーでコクのあるカレーにやみつきになるはずだ。

ほかにも、シェフのこだわりが光るメニューが並ぶ。驚くのは、これだけたっぷりと和牛を食べても、肉の脂が胃に重くのしかからないことだ。本物の黒毛和牛の美味しさとは何かを、「焼肉X-TEN-」が改めて教えてくれるだろう。

ソムリエコンクールで日本一に輝いたシェフソムリエがセレクトした、希少なビンテージを含む500種類以上ものワインとのマリアージュも楽しみのひとつ。完全予約制の個室でゆったりと、特別な時間を過ごしたい。

焼肉 X-TEN-
住所: 東京都港区西麻布1-4-46 カーサスプレンディッド西麻布B1
TEL:03-5786-1129
営業時間:17:00~23:30(L.I.21:30)   
休み:日曜
座席数:16席(全席個室のみ)
https://nishiazabu-yakiniku-ten.com/index.html  


Text=神武春菜