見城 徹&秋元 康が絶賛『焼鶏ひらこ』のテイクアウト&中田英寿が推薦『ひつじや』のお取り寄せ【ゲーテイスト】

秋元 康、小山薫堂、中田英寿、見城 徹による、雑誌『ゲーテ』毎年恒例のレストラン大賞「ゲーテイスト」。食を愛してやまない4兄弟が紹介する店の中から、いまテイクアウトに対応している店舗を特集する。なかなか食べることができない名店の特別なメニューを特別に公開!

『焼鶏ひらこ』

焼鳥/西麻布 見城 徹&秋元 康 recommend
「美味しい焼き鶏を提供するならまずは鶏から」と、店主の高岩 誠さん自らが始めた養鶏場で育てる「飛来幸鶏(ひらこどり)」を使用。平飼い、無農薬野菜の餌を与え、一般的な地鶏よりも7倍くらいの手間暇をかけて育てた地鶏による究極の焼鳥が楽しめる。串を打たず、火入れも部位ごと考えながら、ほぼ素焼き。一品料理も挟みつつ、前20品くらいで提供。まさにニューウェーブ焼鳥だ!

店主の高岩 誠さん。お店では、宮崎県・小林市の平川で高岩さんの家族が育てる飛来幸鶏を使用。

そんな『焼鶏ひらこ』のテイクアウトメニューは、親子丼と卵サンド。店主がこだわりを尽くした究極の丼は、肉と卵だけでなく出汁(鶏ガラスープ)も飛来幸鶏という血縁で構成し「親子孫丼」と命名。自宅で究極の味を体感したくなる。

テイクアウトメニュー ※価格はすべて税込み
親子孫丼 ¥2,800
飛来幸鶏のお肉に極上卵、鶏ガラを5日間炊き込んだ出汁で作る究極の丼
極上卵サンド ¥1,800
お店で提供している卵かけご飯用の極上卵をふんだんに使用

▼予約方法
TEL:090-5388-3337(予約は前日まで)
▼受取り時間
12:00〜18:00
▼受取り場所
焼鶏ひらこ(東京都港区西麻布1-5-23東ビル1F)


『ひつじや』

ジンギスカン/山形・村山 中田英寿 recommend
羊があまり得意じゃないという中田英寿さんが「ここの羊肉を食べてイメージが劇的に変わった」と話す、山形県のジンギスカンとしゃぶしゃぶの店『ひつじや』。店主の西塚洋平さんは、軒先で200頭の牛を飼育する生産者。冷凍せずに、注文を受けてからスライスして提供するため、くさみ皆無の新鮮な羊肉を食べられる。

店主の西塚洋平さん。羊肉は枝肉を1週間、冷蔵庫で寝かせて味をなじませて提供。

そんな『ひつじや』では、1日10セット(20人前)限定で、自家飼育100%の羊肉を使用したジンギスカン「ひつじやジンギスカンセット」を販売。これまでのイメージを覆すジンギスカンを楽しみたい。

お取り寄せ/テイクアウトメニュー※価格はすべて税込み
ひつじや最高級焼肉ジンギスカンセット(おひさま農園の野菜と生タレ付き)
2人前セット
 ¥5,500
オプション(ジンギスカンセットに同梱可)
ひつじやの羊ソーセージ3本入り ¥1,000
ひつじやの羊のカレー約2人前1パック ¥1,000
ひつじやのいぶりがっこ「くみっこ」 ¥500
簡易鍋 ¥400

  ▼お取り寄せの予約方法
ひつじやのインスタグラムFacebookのメッセージにて受け付け
※テイクアウトは店頭にて(11:00〜20:30)  


コロナ終息後に行きたい! 感涙レストラン52
6・7月合併号の総力特集は、毎年恒例の「ゲーテイスト」。 今年も秋元 康、小山薫堂、中田英寿、見城 徹の4兄弟が1年間かけて探し歩いた52軒を紹介する。仕事の疲れも忘れ、思わず「美味い!」と唸らせてくれていたシェフ、スタッフ、生産者、すべての人に敬意と感謝を込めて……。

購入はコチラから


Text=田中美紗貴(ゲーテWEB編集部)