有名アーティストとコラボした日本酒3本【家飲み】

日本酒が、ブームを超え、新たな局面を迎えている。世界的に広がり、伝統に最先端の発想が加えられ、進化し続ける“SAKE”のなかから、いま家で飲みたい、世界のトップアーティストとコラボレーションした日本酒を紹介する。

アーティストが自身のブランドを発表

世界をステージに活躍するアーティストたちが、日本酒のとりこになっている。

先駆けのひとりは、ロバート・デ・ニーロだろう。1993年に、ニューヨークのマンハッタンに高級和食店「NOBU」をオープン。日本酒のラインナップを充実させ、世界各国にNOBUを展開した。2019年5月には、NIGO®とファレル・ウィリアムスが丹波の酒をリリース。最近では、リッチー・ホウティン、エド・シーラン、そして今や世界的ギタリストとなったMIYAVIも、昨年秋に日本酒の新ブランドを発表した。

リッチーは初め、自分たちでセレクトした日本酒の魅力を友人やファンに伝えていた。しかし、それだけではもの足りず、愛知県の酒蔵、関谷醸造とのコラボレーションで自分のブランド「ENTER.SAKE」を造ったことをホームページで告白している。

そもそも、アーティストはひとつのことに興味を持つと徹底的に追求しなくてはいられない"人種"。味、香り、口あたりのよさをどこまでも求める。しかも彼らは人とは異なる発想も持つ。

伝統に海の向こうのアイデアが加わり、日本酒は今、新しい局面を迎えている。

Richie Hawtin
イギリス生まれの世界的トップDJ。多くの蔵元に直接足を運んだり、テクノと日本酒が楽しめるパーティを各地で行うなど精力的に活動。

ENTER.SAKE GOLD&ENTER.SAKE BLACK CUP/「蓬莱泉」で知られる、愛知の関谷醸造と組んで生まれたのが「ENTER.SAKE」シリーズ。2016年に発売。GOLD¥3,780 BLACK CUP[6本]¥3,480(関谷醸造 TEL:0536-62-0505)  


Ed Sheeran
シンガーソング・ライターのエド・シーランは、2019年4月に小西酒造と組んで日本酒をプロデュース。

ED SHEERAN 純米吟醸720ML瓶詰/おだやかな香りとキレを持つ日本酒。ラベルにはシーランの似顔絵が。¥2,000(白雪ブルワリービレッジ長寿蔵ショップ TEL:072-773-0524)  


MIYAVI
超絶技巧のギタリスト・MIYAVIは、「月の桂」の増田徳兵衛商店とタッグを組み、2019年10月に「MIYAVI SAKE」をリリース。  

STANDARD JUNMAI DAIGINJO/ピーチやライチなど果実の香りを含み、すっきりした上品な味わいが特徴。¥4,300(増田徳兵衛商店 TEL:075-611-5151)  


Text=神舘和典