敏腕オーナーのリニューアル最新店②『ステッソ エ マガーリ シック』The Killer Restaurant

ジャンル変更のイタリアンに、移転のフレンチ。どちらも味、サービスに死角なし。新たな魅力を増している。今回は八丁堀の名フレンチ店がジャンル変更したイタリアンをご紹介する。

手前から、鳥取県産夏鹿のシキンボウのロースト。マリネしてコクを引き出し、赤ワインと黒こしょうのソースを添えて。手打ちパスタ コルツェッティ ムール貝とフレッシュトマト。料理はすべて¥8,000のコース料理から。
左:ゼッポリーネ。イカスミと白エビを合わせた黒と、海苦とシラスを組み合わせたグレーの2種。 見分けがつきにくいプレゼンテーションで。右:ヴィテッロ・トンナート。 低温で火入れした仔牛にツナのソースを合わせるピエモンテの郷土料理をモダンにアレンジ。

また食べたくなるモダン・イタリアン。

東京・八丁堀の名フレンチ『シック プテートル』が今年4月、イタリアンにリニューアル。北イタリアを中心とした郷土料理をクラシックな技法で現代的に再構築し、完成度を高めたひと皿ひと皿をコースとして提供している。

ジャンル変更に踏み切ったオーナーソムリエの星壽仁(ほしかずひと)氏だが、聞けばイタリアン出身。新たにタッグを組んだ石濵一則シェフは火入れや塩の効かせ方が抜群で、香りや辛味をアクセントにしたメリハリのある料理で惹きつける。見た目はモダンだが、味わいは懐かしくもあり、ほっとさせられる。そのギャップにハマるのだ。前菜に始まりパスタ、肉、もう一度パスタというスタイルも個性的で、イタリア料理の醍醐味を色濃く印象づける。

新装開店後はゲストのリピート頻度が増したという。気軽で、また食べたいと思わせる引力は絶大だ。

ステッソ エ マガーリ シック(stesso e Magari CHIC)
TEL03-5542-0884
住所:東京都中央区八丁堀3-6-3 高野サンパレスビル1F
営業時間:12:00~L.O.13:00(月曜ランチ休)/18:00~L.O.21:00
休み:日曜・祝日
備考:席数:12席、個室:なし
料理:平日ランチ¥2,800~、ディナーコース¥8,000、フルペアリング¥6,500、アラカルトあり

Text=粂 真美子 Photograph=田村浩章