歓送迎会の店選びで社内での株を上げる 歓送迎会レストラン選び特集(まとめ)

歓迎会や送迎会の幹事を任されたら、それは株を上げるチャンスの到来です! 店選びのヒントとなる名店を、過去に紹介した店舗からピックアップして紹介します。(本記事の内容は取材時のものに基づきます)

【神泉】のりこのごはん
見城徹氏が「勝負レストラン」として推薦

【キラーのひと皿】「オリーブ夢豚のしゃぶしゃぶ」 オリーブオイルの搾油粕(さくゆかす) 飼料に育つ香川県の特産品、オリーブ夢豚。コース¥7,200。

見城 ここは店構えがすごくいい店。3部屋全部が個室でね。筧美和子(かけいみわこ) と行ったんだけど、彼女曰く、今仕事に貪欲なんだって。(掲載日:2017.02.28)

>>このお店の記事を読む

【中目黒】ジャスミン 憶江南
秋元康氏が推薦する中華レストラン

左:四川麻婆豆腐¥1,600。3種の豆板醤をブレンドして、挽き立ての花山椒で仕上げる。 右:名物よだれ鶏¥1,600。蒸し鶏に15種もの香辛料を使った特製ラー油と、黒酢ベースの甘酢タレを絡めて。

秋元 この店は広尾の明治通り沿いにある『中華香彩(ちゅうかこうさい)ジャスミン』の姉妹店で、昨年3月にオープンした一軒家の中国料理レストランです。今回もいくつか中華の店を挙げますが、ここは味に実力を感じましたね。(掲載日:2017.02.20)

>>このお店の記事を読む

【恵比寿】ロバット
仲間と"仕事愛"を語り合う深夜イタリアン

黒毛和牛のボロネーゼ¥1,800。パスタはやや太めの1.9mm。もっちりと食べ応えあり。

自慢の肉料理にはA5ランクの黒毛和牛を使用。タン、ハツ、肩サンカクと多彩な部位の個性に合わせた特製ソースで堪能させる。黒毛和牛の切り落としで作るボロネーゼも必食だ。(掲載日:2016.12.21)

>>このお店の記事を読む

【恵比寿】バンデルオーラ
イタリアの名物料理を囲んで仲間と語らう

豊後牛のタリアータとラルド¥2,800。ミディアムレアに仕上げた牛もも肉の旨みに悶絶!

国内外を問わず、食べ歩きはライフワークのひとつ、という"食道楽"な読者にお薦めしたいのが、駅前の喧騒を離れた住宅地に昨年オープンした『バンデルオーラ』だ。(掲載日:2016.04.12)

>>このお店の記事を読む

【恵比寿】イワカムツカリ
無薬飼育の食材にこだわった料理が自慢

気になる女性を誘うなら、何はともあれ高級店、なんて今の時代ではナンセンス。料理が美味しくて、お酒が豊富なのは大前提だが、大人のオトコが誘うべきは、さらにプラスアルファがある上質居酒屋だ。(掲載日:2016.04.12)

>>このお店の記事を読む

【中目黒】出雲蕎麦 錦織
大人がリラックスできる店

1.出雲割子蕎麦¥850。割子追加一枚¥250。〆(しめ)はやはり、殻がついた玄そばを製粉する出雲そばの、高い香りと独特のコシを満喫したい。2.奥出雲和牛蕎麦¥2,100。柔らかく旨みの強い肉を生かす甘めの出汁が、また旨い。3.宍道湖蜆の酒蒸し¥650。4.島根名物赤天¥600は七味唐辛子マヨネーズ添え。

高感度な人種と家賃の高さのおかげで、超人気店以外はくるくる変わる中目黒。そのせいか「大人がリラックスできる店が少ない」とお嘆きの諸兄が多い。今宵の接待相手もそんな方々だ。(掲載日:2015.11.19)

>>このお店の記事を読む

【銀座】ビストロ バーンヤード ギンザ
当日届く産地直送食材によるメニューはどれも鮮度満点

写真上から、柿を使った本日のデザート、牛肉と有機野菜の田舎風シチュー、野菜のサラダ ピザ仕立て、港直送の地魚と海の幸のブイヤベース。

"Farm to table"をコンセプトに、全国から厳選した安心・安全な生産者の食材を直送。その旬の味覚をダイレクトに楽しめるダイニング。(掲載日:2014.12.11)

>>このお店の記事を読む

【北参道】ボガマリ・クチーナ・マリナーラ
ワイン片手にウッディな空間で心地よく酔いしれあう

船のキャビンをイメージした落ち着いた店内。

「シチリアの魚市場で出合ったオステリアのような、魚に特化した店を作りたい」という、布上智範店長の想いから生まれた店だけに、ショーケースには、常時20数種の魚介が現地の鮮魚店さながらに並ぶ。(掲載日:2014.04.08)

>>このお店の記事を読む

【表参道】TOKYO Whisky Library
二次会に、表参道の教会に「ウイスキー図書館」

本当にいいものは隠れている。今回のバーは文字通り「隠れ家」と呼ぶにふさわしい空間です。ハードボイルドにも、ロマンチックにも愉しめそうな予感がしてきます。(掲載日:2017.02.27)

>>このお店の記事を読む

【八重洲】ミクソロジー ラボラトリー
時代の先端を走るカクテル研究所

左:最新の技術を駆使してカクテルの可能性を探る南雲氏。右:ノルマンディアイス¥1,800。カマンベールチーズウォッカをベースにしたデザートカクテル。

場所はビルの3階、看板はない。入口らしき木のドアは固く閉ざされ、部外者を拒むかのよう。横の壁に、電子キー。コードを入力してその壁を静かに押すと、隠し扉が開いてバーが現れる―─。(掲載日:2015.05.28)

>>このお店の記事を読む