なぜグレンモーレンジィは"完璧すぎるウイスキー"と評されるのか?【期間限定バー開催中】

本場スコットランドでも一番の人気と歴史を誇るスコッチ、グレンモーレンジィ。フルーティかつ上品な味わいで、日本でもファンが多い。"Unnecessarily well made(完璧すぎる)"といわれるウイスキーのこだわりとは。また、グレンモーレンジィが堪能できる期間限定ポップアップバー「グレンモーレンジィ ハウス」が、六本木ヒルズ大屋根プラザにて開催中。その情報もお届けする。


ビギナーからエキスパートまでを虜にするウイスキー

スコットランド、ハイランド地方で作られる香り豊かなウイスキー、グレンモーレンジィ。そのフルーティさの秘訣は本場スコットランド最長のポットスチルにある。ポットスチルとは蒸留器。長さは実に5.14mに及ぶ。キリンと同じ背丈に匹敵する。このポットスチルが長い分、ライトでピュアな気体のみが先端部に集まり、フローラルな特徴を持つ上品な味わいが生まれる。そんな”完璧すぎる”と評されるほどこだわり抜いたグレンモーレンジィは、ビギナーからエキスパートまで多くの人を魅了する。

グレンモーレンジィの蒸留所は、1843年からウイスキー製造を始めた。本場スコットランドでも一番の人気と歴史を誇るスコッチだ。ちなみに、スコットランドで作られたウイスキーはスコッチと呼ばれる。また、一般的にはウイスキーは軟水で作られるが、グレンモーレンジィは、ターロギーの泉から取れる硬水を使用するので、フローラルで華やかなアロマを持つ。そのため140種類ものアロマが香るウイスキーといわれている。

現在、”完璧すぎるウイスキー"と評されるグレンモーレンジィとジャズライヴを堪能できる期間限定イベントが、六本木ヒルズ大屋根プラザで開催されている。

グレンモーレンジィ オレンジハイボールをはじめ、ロックやストレートなども1杯600円からオーダー可能。特別に合わせたフードとのペアリングも魅力だ。会場ではブルーノート東京プロデュースによるジャズライヴの演奏と、ゲストバーテンダーによるグレンモーレンジィのスペシャルカクテルも!

この贅沢なひと時を過ごせる、ポップアップバー「グレンモーレンジィ ハウス」は、10月14日(月)まで。ぜひ足を運びたい。

ポップアップバー「グレンモーレンジィ ハウス」
日時:10月9日(水)〜10月14日(月)
※11日〜14日 14:00 ~22:00(LO 21:30)
場所:六本木ヒルズ大屋根プラザ(東京都港区六本木6-10-1) 
ドリンク ¥600〜
※ご自身の運転でのご来場はご遠慮ください。
※雨天決行。荒天の場合は中止となる可能性があります。
※台風19号の影響により、10月12日(土)のイベント開催は中止となっています、詳細はイベントサイトにてご確認ください。

詳細はイベントサイトにて!