銀座に馴染の店を持つ意味とは? 美食の隠れ家『 Kuma3』

カジュアルで気取らない穴場のフレンチ。少量多皿のカウンター中華……そんな自分だけの店リストに、モダンな会席料理が楽しめるKuma3(くまさん)も揃えておくべきだろう。接待によし、デートにもよし。ビジネスパーソンにとってひとつは持っておきたい銀座の隠れた名店を、勝負の一手に加えたい。


そこは“美食のアリーナ”。特等席で極みの肉コースを

ビジネスパーソンにとって銀座での接待は特別。名店ひしめく美食の街ゆえに、もてなす立場にとって店選びは特に重要だ。老舗や高級店は数あれど、ゲストに「銀座にこんな場所があったんだ」と思わせるお店を選びたい。

銀座の中心地・並木通り沿いのビル8階に位置する日本料理『Kuma3』は、モダンな和のカウンターに個室もあって、使い勝手抜群。エンターテイメント感ある照明やサービスなど、非日常を演出してくれる。まさに勝負接待のための隠れ家。日頃からお店に通い、信頼関係を築いておけば、接待の際の大きな味方になってくれるはずだ。

そんな『Kuma3』には、カウンター席限定の肉会席コースがある。

肉コースは10品¥22,000(前日までに要予約)。肉づくしのコースに合わせて、ソムリエが厳選したワインも楽しめるペアリングコースは¥30,000。メニューは仕入れ状況や季節によって異なる

ステーキハウスや焼肉店とは一線を画す、肉会席コース。牛肉は銘柄を指定せず、松阪牛・仙台牛・常陸牛など、その時に最も質の高い最高ランクの銘柄牛を信頼する業者から仕入れる。全国各地の選りすぐりの旬の食材を随所に織り交ぜながら、日本料理の基本である出汁を生かし、和の技法を凝らした垂涎の品々で構成されている。

例えば、牛タンのスープはまず柔らかく戻してから、カツオ出汁で炊き上げて調理。旨味の相乗効果で美味しさは倍増する。ともさんかくのお造りは、仕入れの強みを活かし神戸ビーフの最優秀生産者が運営する太田牧場の、仙台但馬の希少な太田牛のメスにこだわり、脂と赤身のバランスが取れた最上部位を刺身に。スライサーでなく切れ味のよい柳刃包丁で手切りをするため、舌触りは繊細。極上のマグロを凌ぐ格別な美味しさだ。

しゃぶすきと銘打つ品は、香りまで存分に堪能できる「出来たて」を供する心遣い。つけ合わせは肉と相性のよい素材の組み合わせ「出合いもの」を重ね、日本料理らしい季節感溢れる逸品に。先付けに始まり、口替わりを挟みながら食後の甘味までメリハリをつけ、美味のストーリーを展開する。消化を促すよう野菜も盛りこまれており、高い満足感をもたらしてくれる。

「肉料理は、食後も胃袋が重たくならないよう、脂と赤身のバランスは特に重視。雅なイメージのある肉料理ですが、そこに日本料理の侘びとさびを表現。五味・五色・五法という技法を駆使しながら、この店でしか味わえない肉料理を追求していきたいと思います」と、料理長の添野充広氏。

立ちこめる芳醇な香り、食欲のそそる、肉の焼ける音。カウンターでしか味わえない、ライヴ感満載の肉会席。その特等席を、特別な相手と占有してはいかがだろう。


Kuma3
住所:東京都中央区銀座5-5-14 GINZA GATES 8F
TEL:03-6274-4777
営業時間:17:30~L.O.21:00 
休み:土曜(第2・4・5)・日曜・祝日
席:個室4室、カウンター8席
料金:おまかせコース¥18,000~
http://www.ginza-kuma3.com/