小山薫堂の心を揺さぶるレストラン14店【ゲーテイスト2018】

 雑誌「ゲーテ」の毎年恒例のレストラン企画「ゲーテイスト」で、小山薫堂さんが2018年に挙げたレストランを振り返る。伝説のテレビ番組『料理の鉄人』を手がけ、現在は京都の老舗料亭『下鴨茶寮』を経営するほか、日本最大の若手料理人のコンテスト「RED U-35」を総合プロデュースする小山さん。そんな小山さんのレストラン選びで共通しているのは、どの店も"顔"がしっかり見えること。そのラインアップはバラエティに富んでいる。

ゲーテイスト2019はこちらから


1.Ode

新世代シェフによる話題のフレンチ。コースの最初に登場するのは、オマールのムースをカカオバターでコーティングしたドラ○ンボール。小山氏は「この一品に心を持って行かれた」と語る。既視感のない料理は新鮮で、五感で楽しめる。

オード
TEL:03-6447-7480
住所:東京都渋谷区広尾5-1-32 ST広尾2F 
営業時間:12:00~13:00(最終入店)、18:00~21:00(最終入店) 
休み:日曜 
席:カウンター13席 個1室(~ 4 名)、半個室1室(~ 6 名)


2.リストランテ センソ

「カウンターって距離が近いからデートにいいって言いますけど、そういうシーンでぜひ、お薦めしたい店」と小山氏。お気に入りのメニューは、いろいろな調理方法で楽しませる野菜と卵黄だけで作る手打ちパスタ。注目株のイタリアン。

Ristorante Senso
TEL:03・5449・6777
住所:東京都港区白金台5-17-10 SHIROGANEDAI THE2000 B1 
営業時間:18:00~L.O.21:30、土曜12:00~L.O.14:00/18:00~L.O.21:30 
休み:日曜・第2 月曜 
席:カウンター4 席、テーブル16席


3.ポワン ドゥ デバー

昨年、荻窪にオープンした、アットホームな雰囲気が魅力の "ザ・王道フレンチ"。カウンターでシェフとの距離が近いのも魅力。「穴場ってこういうお店のことをいうんだな」と小山氏。近所にあったら幸せを感じられる名店だ。

Point de départ
TEL:03・6915・1660 
住所:東京都杉並区天沼3-12-6 1F 
営業時間:12:00~L.O.13:30/18:00~L.O.21:00 
休み:月曜、月2 回火曜休あり 
席:カウンター10席 個室なし


4.裏虎

"裏虎"は店名はなくて、常連客の間で呼ばれているという通称。焼き肉界のカリスマ、『虎の穴』の辛 永虎(しんよんぽ)さんが完全会員制で営む。小山氏が「こんなすき焼きは初体験」と心酔するほどの最高の肉体験ができる。

Uratora
TEL・住所・営業時間・休み:非公開(紹介制)


5.蕃 YORONIKU

名焼き肉店のイチオシはすき焼き。ザブトンをさっと焼いて、トリュフオイルを使ったタレと卵黄に絡めていただく。小山氏に「追加で白トリュフを頼んだら思わず頬が緩む旨さでした」と唸らせる、反則級の美味さだ。

エビス ヨロニク
電話:03・3440・4629 
住所:東京都渋谷区恵比寿1-11-5 GEMS恵比寿8F 
営業時間:17:00~L.O.23:00 
休み:月曜 
席:58席


6.虎峰

少量超多皿の中華料理店。コースでは25皿もの料理を堪能できるが、不思議と食後感は軽い。青島ビールやワイン以外に日本酒など、お酒のペアリングも楽しめる。六本木の裏通りというロケーションも抜群で、デートにうってつけ。

Koho
TEL:03・3478・7441
住所: 東京都港区六本木 3-8-7 PALビル1F
営業時間: 17:00〜L.O.22:00
休み:日曜
席:カウンター15席 個室なし


7.SUSHI B GINZA

表に看板はなく、小籠包の店の奥にある階段を上っていくと店がある。意外なロケーションに心掴まれる気鋭の鮨店。裏メニューのいなり寿司は、鰻や甘酢のガリが入っていて、じゅわーっと甘い油揚げが絶品。

スシ ビー ギンザ
TEL:03・6274・6407
住所:東京都中央区銀座5-9-6 2F
営業時間:11:30〜L.O. 13:30/17:00〜L.O.21:30
休み:年末年始
席:メインカウンター5席、サブカウンター 3席、テーブル8席 個室なし


8.口悦

歴代の総理大臣や各界の著名人が通った名料亭『口悦』が割烹として復活。軽く飲んだり、好きなものを自由に食べたり、大人のわがままを叶えてくれる。「高級な食材を使った料理と素朴な家庭料理が混在しているのがいい」と小山氏。

Kouetsu
TEL:03-3585-0321
住所:東京都港区赤坂 6-6-27赤坂パークサイドビル
営業時間:17: 00〜L.O.22:30(バー 〜24:00)
休み:日曜・祝日
席:27席


9.いわ倉

日本料理店出身の店主が営む鉄板焼き。高級食材のオンパレードになりがちな鉄板焼きを、素直に楽しいと思わせてくれるカジュアルなメニューが魅力。小山氏が絶賛するのは、常連だけのスペシャル裏メニューの広島焼き。

Teppanyaki Iwakura
TEL:03・5946・8798
住所:東京都新宿区岩戸町1 M's神楽坂3F
営業時間:17:00〜23:00
休み:日曜・祝日
席:カウンター 7席、テーブル10席  
個室:半個室1室(2〜12名)


10.青華こばやし

「器好きは絶対に行くべき」と小山氏が断言するほど、器使いにもこだわりを持つ日本料理店。お薦めは桜鱒や鮎、鰻など、旬の魚を炭火で塩焼きにした焼き物。ごまかしのきかないシンプルさゆえに、料理人の腕前がわかる。

Seika Kobayashi
TEL:03・6380・0978
住所:東京都新宿区荒木町10-17 1F 
営業時間:12:00~21:30(最終入店)
休み:不定休
席:カウンター8席 個室1室( 4 ~10名)


11.日本橋 蕎ノ字

昨年、日本橋に移転してきた天ぷらと蕎麦の店。天ざる蕎麦は日本橋が発祥なので、この地に店を開いたそう。吟味した食材を提供しながら、コースは6,800円と8,900円の2種類とリーズナブル。〆にのど越しのよい蕎麦が登場する。

Nihonbashi Sonoji
TEL:03・5643・1566(予約専用)
住所:東京都中央区日本橋人形町2-22-11
営業時間:11:45~L.O.13:30/17:30~L.O.20:00
休み:月曜、第2 ・3 日曜、不定休あり
席:カウンター8席


12.La Cime

王道と今時の間という絶妙なバランスの大阪の名フレンチ。その料理はどれも、シェフの故郷である奄美大島の食材や伝統的な食文化をフレンチに落としこんだもの。振り幅の広い発想力豊かな料理に唸らされる。

ラ シーム
TEL:06・6222・2010
住所:大阪府大阪市中央区瓦町 3-2-15 瓦町ウサミビル1F
営業時間:12:00~L.O.13:00/18:30~L.O.20:00
休み:日曜、月1回不定休あり
席:26席 個室1室( 2 ~ 6 名)


13.monk

京都・哲学の道にある薪焼きの店。7,000円のコースで最初に出てくるのは「出だしで心を掴まれる」という、パルミジャーノをかけたピッツァ生地の素焼き。鯖や九条ネギ、京都の猟師が獲った鹿肉のラグーなど具材選びのセンスも抜群。

モンク
TEL:075・748・1154
住所:京都府京都市左京区浄土寺下南田町147 
営業時間:17:30~20:00(最終入店)
休み:月曜、第1日曜
席:カウンター6席、テーブル8席 個室なし


14.梵くら

仙台に店を構えるかき氷専門店。小山氏は「東京から新幹線で食べに行く価値があるくらい美味しい」と語り、訪れる際は2品頼むという。冬でも混んでいて、整理券を配ることもあるほど。その衝撃な旨さに全国にファンを抱える。

Bonkura
TEL:022・346・9027
住所:宮城県仙台市青葉区立町23-14 スクエアビル3F
営業時間:11:00~売り切れ次第終了※秋冬は12:00~18:00
休み:月曜(祝日の場合は翌平日休み)
席:カウンター4席、テーブル9席