【偏愛レストラン】期待の新星から老舗まで。肉食系フードライターが虜になった5店

数多くのグルメ雑誌やウェブ媒体で活躍し、「ゲーテ」のレストラン特集では小山薫堂氏が推薦するレストランの取材を担当する肉食系フードライター小寺慶子。そんな小寺さんが、この1年間で出合って感動したレストランをこっそり教えてくれた。


行きつけリストに追加した通い詰めたい名店 

直感的に好きだと思ったお店には、集中的に通い詰めるタイプです。昨年初めて訪れたなかでも、この5軒は間髪入れずにまた行きたいと思ったお店。

私は肉に関してすごくせっかちなのですが、焼き上がりを"待つ喜び"を教えてくれたのは東京イチ美味しい(と思う)豚ホルモン専門焼肉『岩﨑ホルモン』。ここのホルモンにはジュエルを超越した神々しいオーラがあります。

そして、遠いので行くタイミングが難しいのですが、天ぷらの高級化が進むなかで本来の姿、かくあるべしと実感させてくれる新所沢『天弥』。牡蠣の天ぷらや白子と山芋の天ぷら、丸十(さつま芋の天ぷら)は絶品。

焼き鳥激戦区の五反田で連日大盛況の『とり口』はもも、手羽先など、厚みのある旨みが圧巻です。

鮨の新店では虎ノ門の『冨所』。福を呼びそうな店主もさることながら握りのビジュアルがすこぶるいい。ここの鰆を食べた時の衝撃は筆舌に尽くしがたいです。

『羊サンライズ』では"ジンギスカンの夜明け"を体感し大感動。どうやら今年も痩せる暇がなさそうです。


岩﨑ホルモン/世田谷

鮮度抜群かつ丁寧な仕事が光る豚ホルモンは常時20種前後の部位を用意。TEL:03・6804・4029 住所:東京都世田谷区桜3-2-15 稲田ビル101


天弥/新所沢

木札から自由にネタを選ぶことができるお好みもあるが、初めてなら追加可能なおまかせを。TEL:04・2994・6666 住所:埼玉県所沢市松葉町3-11


とり口/五反田

串の合間に一品料理を盛りこんだコース¥5,800が評判。〆のかき氷も美味。TEL:03・6421・7254 住所:東京都品川区西五反田2-28-10 1F


冨所/御成門 

大ぶりの握りに江戸前鮨の神髄が。昼のおまかせ¥6,000にも店主の心意気が宿る。TEL:03・6876・0646 住所:東京都港区新橋6-13-3 


羊サンライズ/麻布十番

国産をはじめ仏産などさまざまな羊の食べ比べを体験。今年1月神楽坂にも新店が。TEL:03・6809・3953 住所:東京都港区麻布十番2-19-10 PIA麻布十番Ⅱ 3F 


Keiko Kodera
肉を糧に生きる肉食系フードライター。趣味はミートリップ(肉旅)とひとり焼肉だが、鮨も天ぷらも、洋も中も大好物。要するに食いしん坊。


Text=小寺慶子