日本一高価な伊勢海美(イセエビ)を2人の食いしん坊シェフと解禁日に食す!【満員御礼につき募集終了】

名だたるシェフを招き、スペシャルな料理イベントを開催している会員制美食サロン「CHEF-1×GOETHE北参道倶楽部」で、またもや食通にはたまらない1日限りのイベントの開催が決定した! 8月2日に行われるのは、イタリア料理店『テストキッチンエイチ』の山田宏巳シェフと、フランス料理店『ラ フィネス』の杉本敬三シェフによるイセエビのフルコースを食す会。伊勢海老といえど、ただの伊勢海老ではなく今年初出しの"器械根イセエビ"だ! さて、一体どのような宴となるのだろうか⁉


いすみ市特産 "器械根イセエビ" とは?

千葉県いすみ市は、親潮と黒潮が混ざり合う良好な漁場として知られる地域で、全国有数の漁獲量を誇る千葉県の中でもトップクラスのイセエビの産地。そこで毎年漁獲されるのが、いすみ市ならではの"器械根イセエビ" なるものだ。

器械根とは、いすみ市の沖合に約120平方キロメートルに渡って広がる、水深20メートル前後の岩礁群を指す。北上する暖流の黒潮と南下する寒流の親潮がぶつかり合うポイントであるため、岩場が入り組んだ特有の地形を持ち、海底には小魚やプランクトンが豊富。それらを求めて、イセエビだけではなく、アワビやサザエ、タイ、ヒラメ、タコなど、多種多様な魚介類が生息する海の幸の宝庫だ。かつて器械潜水と呼ばれる方法でアワビを漁獲していたことから「器械根」という名称で呼ばれている。

"器械根イセエビ"の美味しさ、色艶は、各産地のイセエビのなかでも群を抜く。器械根で漁獲されるイセエビは、鮮やかな赤が美しく美味しいということから「伊勢海美」として商標登録、ブランド化されている。

「その身は、生でも茹でたように赤く、浅瀬で育ったイセエビ独特の磯臭さはまったく感じられません! それは、器械根のキレイなエサを食べて、水深の深い冷たい水のもとで育っているからこそ。イセエビがあまり好きではない人にこそ食べてもらいたい、といえるほど本当に素晴らしいんです!」と杉本シェフも息巻く。いすみ市のイセエビは、毎年多くの料理人や美食家たちが心待ちにする稀少な極上食材のひとつなのだ。

「生のもの、半生のもの、火を通したもの。イセエビは火の通し方で食感にとても変化が出る食材。加熱具合を3段階にわけて、味わいの変化を楽しんでもらいたい」

そう語る山田シェフの料理の構想とは?

「8月なので、フルーツを使いたいですね。フルーツと夏野菜をあわせたガスパッチョがいいかなと。フルーツの甘みを利用した、爽やかな1品を入れたいです。今回、僕の料理のテーマは "甘さ" かな」

美しい環境のもとで育った極上のイセエビをどう調理しようか、話し出すと山田シェフのアイデアはとまらない!

「スペイン風のおじや "オジャ" も出したいと思っています。オジャは、一見リゾットのようですが、リゾットのようにバターやチーズを加えません。オリーブオイルのみなので、素材の味が活きるんです。今回は、伊勢海老の頭の味噌をふんだんに使い、香りを出して炊きたい。いや~話しているだけで美味しそうですね! これはいいよ(笑)」

杉本シェフからは、BSフジの人気番組『パレ・ド・Z~おいしさの未来~』で紹介された逸品「イセエビのビスクフォンデュ」が供される予定!

イセエビの殻と味噌から作った濃厚ソースに、イセエビの身を絡めて食すという、イセエビの甘みと香りが最大限に引き出された究極の1皿。その味は、器械根のイセエビを食べ慣れている地元の人々も「イセエビをこんなに美味しいと思ったことはありません。口の中が楽園! 天にも昇る気持ちです」と驚愕したほど!

山田シェフと杉本シェフの共通点、それは美食に対する飽くなき探求心だろう。

「夜中に"秘密結社"と銘打って、知り合いの食いしん坊たちで集まり、美味しいものを食べる会があります。僕も杉本シェフもその会員(笑)。みんなで美味しいものを持ち寄って食べるのは楽しいですよ。食いしん坊仲間です」

山田シェフ(左)と杉本シェフ(右)。今回はどんなスペシャルメニューが生まれるのだろうか。

今回のフルコースの目玉は、なんといっても通常のイセエビの倍ほどの値段がつくこともある、日本一高値ないすみ市のイセエビを『漁獲したその日に食すことができる』という点だ。

杉本シェフは言う。

「イセエビのフルコースはほかのレストランでも食すことができると思いますが、なんといっても、今回はその日の朝イチで海からあがったものを、そのまま水槽にも入れずに、調理して食すことができる、とても貴重な機会です。普通は、冷凍して運ぶことがほとんど。こんな機会は滅多にありません! しかも、初セリが行われる8月2日、その日に食すというおめでたいムードもありますね。ぜひ楽しみにしていてください!」

最高級のイセエビを獲れたてで食す、しかも解禁日にその贅沢が叶うというスペシャルな食体験! 2人の名シェフによるフルコースの内容は目下思案中だ。当日をお楽しみ!!

※メニューは予定です。変更になる場合もございますのでご了承ください。

↓ イベントへのお申し込みはこちらから ↓


【イベント概要】

開催日:8月2日(金)
場所:テストキッチンエイチ
時間:19時開宴(18:30開場予定)
※天候不良で漁ができなかった場合には、8月5日(月)の同時間帯へ順延いたします。
※8月5日(月)に順延となった場合にご出席が難しい場合には、ご返金いたします。
※8月2日(金)に実施できるかどうかは前日8月1日14時に申込者の方へメールでお知らせいたします。
※先着順です。

参加費:
北参道倶楽部会員(年会費会員、月会費会員)
1名 28,000円
※飲み物代は別途会計となります。

ビジター
1名 43,000円
※飲み物代は別途会計となります。


【「CHEF-1×GOETHE北参道倶楽部」の一員になるには?】

現在「CHEF-1×GOETHE北参道倶楽部」では、年会費会員と月会費会員を募集中! 会員になると、毎月2回ほど開催されるスターシェフたちによる美食会に参加できる。それだけではなく、シェフやメンバーとともに、地方の貴重な食材を求めて美食探訪の遠征を行うことも。ひとりでは確実に味わえない、一歩先の美食体験をしたい人は是非「GOETHE SALON MEMBER」に登録後、お申し込みを!


【「GOETHE SALON MEMBER」へのご登録がまだの方は、下記よりまずご登録を】


【年会費会員のお申し込みはコチラ】


【月会費会員のお申し込みはコチラ】


CHEF-1×GOETHE 北参道倶楽部ラインナップ

<6月>
6/15(土) #sushibaeで世界が注目「照寿司」×「やまの辺」初コラボ!寿司の都、北九州の旅 

<7月>
7/7(日)『テストキッチンエイチ』山田宏巳シェフの桃園で桃狩り&『クラッティーニ』でもぎたての桃を使ったスペシャルランチを堪能する桃づくしの会

<8月>
8/4(日) 食べログ日本一!全国の食通が通う岐阜の極上ジビエ料理の名店「柳家」で夏メニューを味わう

<9月>
9/16(月) 埼玉の割烹料理の名店「樋山」と山田宏巳シェフのスペシャルコラボによる松茸づくしの会

※他イベントも決まり次第、ゲーテWEB上にてお知らせいたします。
※内容・予定は変更になる場合がございます。


Text=加藤久美子(ゲーテWEB編集部)