最高峰のカクテルとは?【2019 サントリー ザ・カクテルアワード開催】

去る10月3日、グランドプリンスホテル新高輪にて、「2019 サントリー ザ・カクテルアワード」が開催。集まったのは、全国各地の実力派バーテンダーたち。最優秀賞の栄誉は、いったい誰が手にしたのか? 


1994年に始まった「サントリー ザ・カクテルアワード」

日々研鑽を積むバーテンダーたちの、創造性と技術を競い合うカクテルの祭典「2019 サントリー ザ・カクテルアワード」。そんな一年に一度の晴れ舞台ともいえるアワードに、全国各地から実力派のバーテンダーが集うなか、2度にわたる厳しい審査に勝ち抜いた12名のファイナリストが最終審査へと勝ち進んだ。

今回は、和をコンセプトにした「ジャパニーズカクテル部門」、自由な発想をコンセプトにした「インターナショナルカクテル部門」のふたつから、それぞれテーマにあわせ、カクテルを創作する。

優秀賞はジャパニーズ部門とインターナショナル部門からそれぞれ1名、最優秀賞もジャパニーズ部門とインターナショナル部門からそれぞれ1名が選ばれ、さらに、最優秀賞の2名の中から1名が「カクテル アワード 2019」に選出される。カクテル文化振興会理事長の岸 久さん、日本バーテンダー協会会長の早川惠一さん、雑誌「Pen」編集長の安藤貴之さんなどが審査を担当。

栄えある「カクテル アワード 2019」に輝いたのは、桜をイメージした和のカクテルで勝負した、岡山県のSalon de Ric'sの土屋明日香(ひじや・あすか)さん。ジャパニーズクラフトウォッカHAKUをベースに、桜のリキュールをきかせ、シソの香りをアクセントにした、その名も「春夢(しゅんむ)」。

岡山県「Salon de Ric's」バーテンダー、土屋明日香さん。

「素晴らしい賞をいただけて本当に嬉しいです。まだ実感がわきませんが、国内のお客様はもちろん、日本を訪れた海外のお客様にも、日本のカクテル文化を知ってもらえるよう精進していきたい」とと受賞の喜びを語った。

また、審査員を務めた雑誌「Pen」編集長の安藤貴之氏は、「土屋さんのカクテルは、"ジャパニーズ"とは何かを真剣に突き詰めた素晴らしい作品でした。エポックメイキングな大会として、今後もカクテル文化の更なる普及、発展を期待します」と大会を締めくくった。

東京オリンピックを強く意識した作品も多く登場したアワード。日本のカクテルの可能性を感じさせる一夜となった。

受賞作品


Text=ゲーテWEB編集部