【岩手県】中田英寿が全国の蔵元に教わった最高に旨い店<ゲーテイスト特別版>

2009年から’15年の6年半、のべ500日以上をかけて、47都道府県を旅した中田英寿さん。そこで出会った数々の酒蔵には、ある共通点があった。それは、「良質な蔵元であればあるほど、良質な食を知り尽くしている」ということ。中田さんが出会った全国津々浦々の特別なる蔵人にしか知りえない、最高に旨い"地元の名店"を「ゲーテイスト2019特別版」として紹介する。  


海ごはん しまか 盛岡市/日本料理店

推薦人
「赤武」/赤武酒造 古舘龍之介さん(専務・杜氏)
魚介の魅力を知り尽くした店主が営む、魚屋併設の海鮮料理店。「岩手県沿岸部、宮古の魚屋さんが暖簾分けして盛岡に進出。名物は、キラキラと輝く三陸宮古直送の刺身盛り合わせ。穴子を揚げた『穴子のかば揚げ』も大好きなメニューです。マスターがグルメなのでおまかせにすれば、日本酒やワインのペアリングも提案してくれます。数種の『赤武』をそれぞれの料理と合わせて飲み比べてをすることも。酒をつくる人間として、ものすごく勉強になる時間ですね。バルのような雰囲気で、いつも心地よく酔わせてくれる盛岡の名店です」

住所:岩手県盛岡市中央通1-11-15マルビル1F. 2F
︎TEL:019-652-9128
https://umigohan-shimaka.owst.jp


赤武酒造

震災のち、2014年より「日本を代表する銘酒を醸したい」という想いから誕生したのが、27歳の若き杜氏が手がける「AKABU(赤武)」。「岩手から情熱と愛情と根性で醸す酒を造りあげています。新しい時代に受け継がれていく日本酒を目指して、去年より今年、今年より来年とつねに進化すべく邁進している最中。若い社員が多いので、彼ら彼女らと一緒に10年20年、そして100年先を見据えて進んでいきます」

銘柄:赤武、浜娘
創業:明治29年
住所:岩手県盛岡市北飯岡1-8-60
TEL:019-681-8895
https://www.akabu1.com/


『レストラン ボヌール』 二戸市/洋食

推薦人
「南部美人」/南部美人 三澤淳一(営業部長)

地産地消にこだわる、アットホームなムードの洋食店。「私が愛してやまないのが、岩手の二戸が誇るブランド豚、折爪三元豚佐助を使ったハンバーグ。粗めのひき肉を手ごねしているので柔らかさとともにしっかりとした歯ごたえがあって、実においしい。さて、このメニューと合わせるべきは赤ワイン……ではなく、『南部美人』のお燗。肉料理は冷たいお酒ではなく、お燗のような温かいお酒と一緒にいただくことで、脂がスッと気持ちよく切れていくんです。同じ佐助を使った生ハムやステーキ、さらにオムライスも評判。マスターの家庭の食卓にお邪魔しているような、心から寛げる素晴らしいお店です」

住所:岩手県二戸市石切所字枋ノ木17-1
TEL:0195-26-9015


南部美人

吟醸酒用の「吟ぎんが」、純米酒用の「ぎんおとめ」に加え、大吟醸用に開発された「結の香」など、岩手県産の米を使い分けながら、折爪馬仙峡の美しい伏流水で酒を醸す。最近では、G20大阪サミットで世界の首脳が「あわさけスパークリング」を堪能し、話題を呼んだ。「酒は食事の脇役と考えています。いかに食べ物を引き立てるか、でも食事に負けることなく、酒本来の余韻を残せるか。究極の食中酒を目指し、これからもバリエーション豊かな酒を提供していきます」

銘柄:南部美人
創業:明治35年
住所:岩手県二戸市福岡上町13
TEL:︎0195-23-3133
https://www.nanbubijin.co.jp/


中田さんが開発している日本酒アプリ「Sakenomy」では、さらなる情報を公開! さらなるレストランに加え、宿やお取り寄せ情報も掲載しているので、岩手を旅するときのお供に!!


Text=本庄真穂