【勝負メシ!】リスト北見尚之が通う極上レストラン3選+勝負のひと皿

会食とは、単に"食事を共にすること"ではない。美味な料理やきめ細やかなもてなしを前に相手は胸襟を開き、本音が引きだされ、それがビジネスの大きな成果につながっていく。だからこそ、トップリーダーは徹底的に食にこだわるのだ。リストグループ代表 北見尚之氏に、「ここぞ!」の時に利用するレストランと勝負のひと皿を聞いた。


極上レストラン①:サロン・ド・グー

「山盛りトリュフとシャンパンの相性が最高です」

「政治家や文化人に愛された名店『まっくろう』が移転し改名。トリュフがたっぷり乗った生地を手でふたつ折りにして食べるこの名物は、ワインのお供にも最高」

サロン・ド・グー
TEL:03-5771-3690
住所:東京都港区西麻布 1-4-44 シグマ西麻布Ⅱ B1
営業時間:17:00~22:00(最終入店)
休み:日曜


極上レストラン②:銀座 ひらやま

「炭火焼きの肉が絶品。個室も完備のステーキハウス」

「鉄板ではなく炭火の窯で仕上げる網焼きステーキは、じっくり旨みを閉じこめた焼き加減が絶妙。個室もあるのでガッツリ肉食の男会食に喜ばれます」

Ginza Hirayama
電話番号・住所・営業時間・休みは非公開


極上レストラン③:鮨 あらい

「名店出身の鮨職人が極めたマグロで活力を」

「『久兵衛』『すし匠』で研鑽を積んだ新井氏が、ひとりひとりのお客様に心を配る。特にマグロはネタを見て包丁の入れ方やシャリを変えるなど、こだわり満点」

Sushi Arai
TEL:03-6264-5855
住所:東京都中央区銀座 8-10-2 ルアンビル B1
営業時間:12:00~L.O.12:30/17:30~L.O.22:00
休み:水曜(来年度から月曜)


勝負のひと皿:備長炭ステーキ炉sakai 麻布十番店の「シャトーブリアンのたたき」

エナジーチャージの勝負メシとして、定期的に北見氏が訪れる鉄板焼き店。料理は¥20,000のコースの一例。

「にんにく卵醤油で食べるシャトーブリアンのたたきは、多忙時ほどパワー増強のために身体が欲する。締めには、奥久慈卵を使ったオムライスをオーダーします」

備長炭ステーキ炉sakai 麻布十番店
TEL:03-3402-0429
住所:東京都港区元麻布 3-11-2 カドル麻布十番 B1
営業時間:17:00~深夜
休み:不定休


HISASHI KITAMI
1965年生まれ。'91年にリストを設立し、代表取締役社長に就任。不動産仲介から都市開発事業まで、あらゆる不動産事業をてがける。

Text=山田貴美子(レストラン)、小寺慶子(勝負のひと皿) Photograph=太田隆生