札幌に行ったら必ず食べたい絶品メニュー4選

北海道最大の都市、札幌。北海道中から新鮮でおいしい食材が集まるこの街ではさまざまなグルメを楽しめます。ジンギスカン、スープカレーといったご当地グルメなど、寒い冬も体の芯から温まる札幌グルメを一挙ご紹介!

魚介の滋味あふれる、贅沢なブイヤベース

「ブイヤベースとステーキのセット」¥4,598。ガーリックトースト、サラダ、デザート、コーヒーも付く。

地下鉄南北線「すすきの駅」から徒歩1分。札幌東急REIホテルは、繁華街すすきのの中心に位置する。ホテル1階のレストラン「wine&dine サウスウエスト」では、冬の時期にブイヤベースがメインのディナーコースを提供する。魚介のだしと香味野菜、アンチョビ、トマトの旨みが溶け込んだブイヤベースは、シェフ自慢のメニュー。 

大きなオマール海老のローストと季節の北海道産野菜、ムール貝などが添えられ、見た目も豪華だ。魚介の旨みをしっかり感じられると人気があり、具沢山の「特別なごちそう」として楽しむことができる。付け合せのガーリックトーストはブイヤベースにたっぷりと浸していただくと、より芳醇な香りが広がり食欲をそそる。ステーキとのセットで提供されているので、アツアツの鉄板ステーキとの好相性も堪能してほしい。札幌を訪れた際にはぜひ味わいたい、魚介の滋味あふれた一品だ。

札幌東急REI ホテル wine&dine サウスウエスト
住所:北海道札幌市中央区南4条西5-1
TEL:011-531-1065
営業時間:7:00~10:00(L.O.10:00)、11:30~14:30(L.O.14:00)、17:00~22:00(L.O. 21:00、ドリンク L.O. 21:30)※ 夏季のモーニングは 6:30~10:00(L.O.10:00)、土・日曜・祝日のランチは 11:30~15:00(L.O.14:30)
www.tokyuhotels.co.jp/sapporo-r/

ご飯が進む濃厚ビーフシチュー

​「ビーフシチュー」¥1,680。ライスと、サラダまたはスープまたは味噌汁がつくセットはプラス¥280。

札幌市電を「静修学園前駅」で下車後、徒歩1分。「グリルラパン」に到着した。街の洋食屋さんとして親しまれていて、昔ながらの洋食が楽しめる。同店で人気なのは継ぎ足しのデミグラスソースで作ったビーフシチュー。創業から30年以上変わらぬ味を守り続けている。 

牛肉をしっかりと炒めてから、旨みがたっぷりと詰まったデミグラスソースを合わせひと煮立ち。器に盛り付けてから仕上げに野菜を添える。牛肉はスプーンで崩れるほどホロホロと柔らかく、デミグラスソースの深い味わいが絡み合う一皿だ。2代目マスターの廣田幸喜さんが「いわゆる“洋食”とは日本発祥の料理。だからご飯によく合うように味付けをしているんです」というように、少し濃いめに味付けられていて、ご飯がよく進む。アツアツのビーフシチューは器にたっぷりと盛りつけられ、食べごたえも十分。冬にぴったりの心と体に活力がつく一皿だ。

洋食屋グリルラパン
住所:北海道札幌市中央区南17条西6-4-1 ラパンビル1F
TEL:011-512-2695
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30)、17:00~21:30(L.O.21:00)、20:00 以降と月曜ディナータイムにご来店予定の場合には要問い合わせ
休業日:火曜、第3月曜
www.grill-lapin.com/

スタミナ満点、ダシにこだわるスープカレー

「骨なしチキンカレー」¥1,150、「スタミナスープ」にする場合はプラス ¥130。

地下鉄南北線「北24条駅」から徒歩1分。多くの飲食店が軒を連ねるエリアに「タイガーカレー」はある。スープカレー専門店がひしめく札幌でしのぎを削り、オープンから14年目を迎えた。ダシにこだわる「第三世代スープカレー」ともいわれていて、スープはタマネギやトマトなどを弱火で煮込んだペーストとダシを鍋のなかで合わせている。この方法は手間がかかるが、コクのあるスープを生み出すのだという。 

スープは4種類から、カレーも10種類から選ぶことができる。なかでも、冬におすすめの組み合わせはニンニクとショウガがよく効いた「スタミナスープ」の「骨なしチキンカレー」。濃厚なスープに食欲が高まり、額に汗をかきながらどんどん食べ進む。最後までおいしい状態で食べてほしいという思いから、土鍋で提供されているのもうれしい。中毒性のあるスープカレーを、ぜひ一度味わってほしい。

タイガーカレー
住所:北海道札幌市北区北23条西4-2-3 プラザハイツ24-1F
TEL:011-746-3337
営業時間:11:30~L.O.14:30、17:30~L.O.22:00、土・日曜・祝日は通し営業で、土曜11:30~L.O.22:00、日曜・祝日11:30~L.O.21:00
休業日:火曜、第3月曜
www.tigercurry.jp/

体の芯から温まる、特製ダレのジンギスカン

「3種セット」¥2,178。ラム肉はすべて北海道産。

多くの観光客が行き交う狸小路商店街を西に進むと「士別バーベキュー」が現れた。店名の「士別」は創業者の出身地である北海道士別市から。士別ではジンギスカン鍋だけではなく、網焼きで羊肉を食べていたことから、網焼きスタイルを採用した。提供されるのは希少なサフォーク種めん羊のラム肉。サフォーク種は臭みがなく、柔らかいのが特徴だ。羊肉が苦手でも「ここの羊肉なら食べられる」という人も多い。  

人気が高いのは、肩ロース、モモ、ソーセージがセットになった「3種セット」。つけダレは同店オリジナルで、醤油ベースで刻みネギ、ウズラの卵、一味唐辛子などが入った特製のタレ。食べ進めるうちに羊の脂と混ざり合い、旨みが深まっていく。食後はご飯にタレをかけて食べる「〆のタレゴハン」(¥220)がおすすめ。ジンギスカンを楽しんだ後には、体の芯から温まっている。

士別バーベキュー
住所:北海道札幌市中央区南3条西7-7 狸小路アーケード内
TEL:011-209-3210
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30)、17:00~23:00(L.O. 22:30)、土・日曜・祝日は通し営業で12:00~23:00(L.O. 22:30)
休業日:年末年始