ワインに魅せられし者が選ぶ、「ワイン通を唸らせたい時に出す1本」

状況に応じてワインをセレクトする。そこには自身のセンスと他者への気遣いが表れるものだ。誰もが唸る王道ワインから知る人ぞ知る極上ワインまで……。心からワインを愛する者たちが選ぶ、シーン別珠玉の1本を大公開!


クリュッグ・ヴィンテージ1990 selected by 弘兼憲史
シャンパーニュの最高峰で、その品質に対するこだわりから〝シャンパンの帝王〞とも称されるクリュッグ。「6 代目オリヴィエ・クリュッグ氏のサイン入りワイン。これを見れば、ワイン通なら誰しも驚いてくれるはず」 約¥74,000

漫画家 1947年生まれ。松下電器産業(現パナソニック)を経て、漫画家としてデビュー。代表作である『島耕作』シリーズ(講談社)をはじめ、『知識ゼロからのワイン入門』(幻冬舎)など著書多数。


ルバイヤートプティ・ヴェルド2014 selected by 千住賀子
ボルドーでは補助品種として知られるプティ・ヴェルドだが、この1本は山梨県勝沼の気候風土とよく合って個性を放つ。2016年の伊勢志摩サミットで提供された。「口に含んだ瞬間、ボルドー左岸の光景が目に浮かびました」 約¥6,000

元国際線客室乗務員。シニアソムリエール。2015年、国際的なワイン資格である「WSET(R)認定DIPLOMA」を取得。現在は、WSET(R)認定講師として講座を持ち、愛好家たちのワインライフをサポートしている。


ボンヌ・マール1995 ドメーヌ・ドーヴネ selected by 田中良和
ドーヴネの1995年は、非常に希少性が高い逸品。「ワイン通の誰もが涎を垂らして眺めてしまうような1本。このワインを出して仲間に拍手喝采で迎えてもらえる日が来るまで、ひそかに隠し持っています」 約¥340,000

1977年生まれ。ソーシャル・ネットワーキング・サービス「GREE」の開発者で、同サービスを運営するグリーの創業者。2010年に、当時では最年少記録となる33歳3ヵ月での東証一部上場を果たす。


ウニコ・ゼロ スレイト・ファーム フィアーノ2016 selected by 山本侑貴子
イタリア系の白ブドウであるフィアーノを使用した、オーストラリア産のナチュラルワイン。「味がいいのはもちろん、ラベルがとても可愛くて素敵。ちょっとマニアックですが、知る人ぞ知る1本です」 約¥5,000

外資系金融機関を経て、2006年にダイニングアンドスタイルを設立。食空間プロデューサーとして店舗プロデュース、コンサルティングなど幅広く活躍し、新しいライフスタイルを提言している。


※ワインの価格は編集調べ。『Cellar Watch』(1ドル=約¥113[2017年12月31日時点])と『wine-searcher』、すべて輸入元の価格を参考に算出しています。