【茨城県】中田英寿が全国の蔵元に教わった最高に旨い店<ゲーテイスト特別版>

2009年から’15年の6年半、のべ500日以上をかけて、47都道府県を旅した中田英寿さん。そこで出会った数々の酒蔵には、ある共通点があった。それは、「良質な蔵元であればあるほど、良質な食を知り尽くしている」ということ。中田さんが出会った全国津々浦々の特別なる蔵人にしか知りえない、最高に旨い”地元の名店"を紹介する。ゲーテのレストラン大賞「ゲーテイスト2019」に参加した中田さんによる、「ゲーテイスト特別版 全国の旨い店ガイド」がここに完成!


『そば善』 古河市/そば処

推薦人
「御慶事」/青木酒造 青木知佐氏(専務)
地元の「常陸秋そば」を毎朝手打ちにて提供する。「昔からの民家を改造した温かな雰囲気の蕎麦屋さんです。定番の『常陸秋そば二八』はもちろん、その旨みが蕎麦を引き立てる『鴨もりそば』も人気。蕎麦に惹かれて通い続けた私がたどり着いたのが、なんと『ラーメン』なんです。日本そばの手打ち技術とモンゴル天然かん水を使った無添加で体に優しいラーメンです。もともと曜日限定でランチで出していたものが、要望に応える形で夜も限定数食べられるように。さらなるオススメは、『黒毛和牛のローストビーフ』。肉好きのご主人のこだわりの一品で、お蕎麦とミニローストビーフ丼のセットは鉄板。『御慶事』と合わせて、さまざまなメニューを堪能してみてください」

住所:茨城県古河市古河527-4 
TEL:0280-32-7067


青木酒造

大正天皇成婚の際、三代目が皇室の繁栄と日本の隆盛へ願いを込め「最高のよろこびごと」という意味で「御慶事」と命名。茨城県の酒造好適米「ひたち錦」や県産の酵母、茨城のブランド米「ふくまる」などを使用して酒造りを行う。「関東一都六県のうち、いちばん酒蔵が多いのが実は茨城県で、45蔵もあるのです。なかでも東京から1時間程度とアクセスがよいのが私たちの蔵。ぜひ、蔵見学に遊びに来てください」

銘柄:御慶事
創業:天保2年
住所:茨城県古河市本町2丁目15番11号 
TEL:0280-32-5678 
https://aokishuzou.co.jp/


『オリエンタルダイニング LOTUS』 結城市/アジア料理

推薦人
「結ゆい」/結城酒造 浦里美智子氏(杜氏)

常陸牛やローズポーク、匠美鶏という茨城の銘柄肉と、地場野菜を使用したタイ・ベトナム料理を楽しめる。「人気メニューは『結城産の空芯菜炒め』『常陸牛のローストビーフのサラダ仕立て』『ローズポークの黒酢豚』『匠美鶏のもも一枚焼(ガイヤーン)』などのアジア料理。そこになんと日本酒を合わせます。最初は驚きましたが、だんだんそのマッチングにハマっていきました。パンチのある料理には、たとえばにごり酒や生原酒など、しっかりとした味わいのものがフィットします。日本酒と料理の合わせの概念をガラリと変えてくれた魅力あるお店です」

住所:茨城県結城市中央町1-7-1 
TEL:0296-33-1388


結城酒造

現在仕込みを行なっている酒蔵は江戸末期の安政に建てられたもの。明治期に増設されたレンガ造りの大きな煙突とともに国の有形文化財に登録されている。人と酒と町を結ぶ願いを込めた「結ゆい」、創業以来の伝統銘柄である「富久福」の2銘柄を醸す。「ふわりと香る華やかなお酒をご用意しています。口あたりも柔らかなのが特徴。1日の終わりにたしなんで、ぜひ疲れを癒してください」

銘柄:結ゆい、富久福
創業:安政年間
住所:茨城県結城市結城1589 
TEL:0296-33-3344 
http://www.yuki-sake.com/


『トラットリア チプレッソ』 土浦市/イタリアン

推薦人
「来福」/来福酒造 藤村俊文氏(代表取締役)

創作意欲豊かなシェフが、有機農法の野菜など生産者の顔が見える食材にこだわり、提供する地場イタリアン。「ベーシックなメニューから、食材同士の組み合わせに驚かされる一品まで、何を頼んでもおいしいので、通い続けているお店です。13〜15度の糖度の高いトマトにミョウガを組み合わせた冷製パスタや、イチゴを使った甘酸っぱくさわやかなリゾット、また名産地の牛のタリアータを部位別でオーダーしたりなど、食べながらワクワクできるのが魅力。家族でもよく利用する、安心のマイダイニングです」

住所:茨城県土浦市虫掛3719-2 NON SERVICE内 
TEL:029-879-5006 
http://www.cipresso.info


来福酒造

近江商人が筑波山麓に創業。「来福」という銘柄は、「福や来む 笑う上戸の 門の松」という俳句に由来するもの。「約十種類の酒造好適米と天然の花酵母を使用していますが、これからは地元米を増やす予定です。ベーシックなラインナップに加えて、純米火入れの『来福X<赤>』、純吟生原酒の『来福X<黒>』、にごり酒の『来福X<白>』などチャレンジングな商品も。酒造りの可能性を見つめていきます」

銘柄:来福、真向勝負 
創業:享保元年(1716年) 
住所:茨城県筑西市村田1626 
0296-52-2448 
http://www.raifuku.co.jp/


中田さんが開発している日本酒アプリ「Sakenomy」では、さらなる情報を公開! さらなるレストランに加え、宿やお取り寄せ情報も掲載しているので、茨城を旅するときのお供に!!

Text=本庄真穂


【福井県】中田英寿が全国の蔵元に教わった最高に旨い店<ゲーテイスト特別版>

【石川県】中田英寿が全国の蔵元に教わった最高に旨い店<ゲーテイスト特別版>

【富山県】中田英寿が全国の蔵元に教わった最高に旨い店<ゲーテイスト特別版>