ビジネスで勝負をかける極意、ここにあり!接待の黄金カード

2015年もビジネスシーンではさまざまなドラマがあった。発見に感動、そして新たに生まれた縁──。今後はより親密になり互いの飛躍のためにもっと深く語りあいたい。とは言え、相手も百戦錬磨の仕事人。せっかく貴重な時間を過ごすのなら、とっておきの美食空間に招待して、豊かに相手の五感を刺激したい。そんな最高の切り札に、唯一無二の黄金レストランを紹介しよう。

『リングラッツィアーレ コウジ モリタ』

最初に受けた印象が記憶に濃く残ることを心理学で“初頭効果”と呼ぶが、第一印象が重要なのは、ビジネスシーンにおいても常識。後々までその評価が尾を引くことを考えれば、接待の店選びにも気が抜けないもの。できるだけ多くの“切り札”を持つことがビジネスマンとして必要不可欠なのは言うまでもない。手強い相手ほど、どのカードを切るべきか頭を悩ませるところだが、迷ったら、頼りにしてほしいのが『リングラッツィアーレ コウジ モリタ』だ。

 場所は代官山と渋谷にほど近いマンションの1室。看板どころか、目印らしきものもまったくない隠れ家中の隠れ家だ。
 扉を開けると、バーのような薄暗い空間に美しいカウンターが現れる。秘密めいたロケーションだけでも相手の心を弾ませることは間違いないが、イタリア・ヴェネトの2つ星レストランなどで腕を磨いた森田晃次シェフによる料理が、気分を盛り上げる。料理は1万2000円と2万円のコース2種を用意。季節の食材を盛り込んだ少量多皿の料理は独創性に溢(あふ)れ、ゲストに色濃い感動を残す。

1.牛ホホ肉と安納芋。紅くるり大根とロマネスコ、百合根。2.白トリュフのタリオリーニ(+¥3,000)。3.活オマール海老の洗い 水晶文旦のソース。香草ミストとキャビア添え。料理はすべて¥20,000のコースの一例。

 非日常感のある雰囲気は、イニシアチブを握るのにも効果的。スマートかつ戦略的に“勝利への一手”を押さえたい。

普段は開放していないが「GOETHEを見た」と予約すれば利用可能。
代官山 RINGRAZIARE KOJI MORITA  
TEL:03-6416-1648
住所東京都渋谷区猿楽町2-11 氷川ビル402号室
営業時間19:30~(基本一斉スタート。それ以外の時間帯は応相談)
休み日曜
席数カウンター8席
個室1室(6名まで利用可)
アクセスJRほか渋谷駅または東急線代官山駅より徒歩10分

 

『たきや』

 外国からのゲストを接待する時、真っ先に思い浮かぶのはやはり和食。カウンター越しに職人の仕事を眺められる店はライブ感があり、会話も自然と盛り上がるもの。鮨や鉄板焼きももちろんいいが、食べ慣れた相手と訪れるなら、天麩羅の新店『たきや』をお薦めしたい。


 店主の笠本辰明さんは『ザ・リッツ・カールトン東京』の和食部門で料理長を務めたのちに、独立。いわゆる王道の江戸前とは一線を画す天麩羅を供し、食通の注目を集めている。

1.鹿児島の海老。衣の揚げ方も絶妙。2.豚チーズ。鹿児島の霧島豚を使用。3.牛肉の大葉巻き。赤身肉の旨さが際立つ。料理はすべて¥18,000のコースの一例。


「衣を纏(まと)わせたうえで、どれだけ食材の旨みや甘みを引き出せるかが重要」という笠本さん。べに花油の一番搾りのみを使用し“旬味”を凝縮させるようにして揚げる天麩羅は、口当たりが軽やかで食べ手に鮮烈な驚きをもたらす逸品揃い。大葉で巻いた牛肉や蕪餡(かぶあん)で食べさせる白子、常連にもファンが多い豚チーズなど、オリジナリティー溢れる名物も多数。真心がこもったサービスにも心が打たれる。

清潔感あるメインカウンター。奥には接待向きの個室が。
たきや  
TEL:03-6804-1732
住所東京都港区麻布十番2-5-11 AZABU MAISON201
営業時間17:30~22:00
休み不定休
席数カウンター8席
個室1室(4~6名用)
アクセス地下鉄麻布十番駅7番出口より徒歩5分

 

『銀座 やまの辺 江戸中華』

 接待する側の心得としてホストに徹し、相手を楽しませるのは基本中の基本だが、過剰な演出はかえって裏目に出ることも。いわゆる予定調和ではない“おもてなし”を目指すのなら『銀座 やまの辺 江戸中華』を訪れてみてはいかがだろうか。

天王洲の『天厨菜館』では総料理長を務めた山野辺 仁シェフ。


 2015年は気鋭の料理人による中華店のオープンが続いたが、なかでも注目を集めたのが“四季を味わう江戸中華”をコンセプトにしたこちらの店。店主の山野辺 仁シェフのアイデアが詰まったおまかせコースは独自性溢れる美味のオンパレードで、食べ手に楽しい発見をもたらす。白子がとろける生ハム春巻きに、四川の定番よだれ鶏をアレンジしたよだれ牛、〆(しめ)の天津麺など、次々と運ばれる料理に気持ちが高揚する。旬魚を使った葱の香り蒸しや京揚げ麻婆豆腐など、白飯に合う料理には、釜炊きのご飯を小さい椀に盛って出すという行き届きぶり。

1.白子の春巻き。生ハムを巻いて食べやすく。2.白菜と京揚げの上海蟹煮込み。3.よだれ牛。国産マコモ茸を使用し、食感と風味を楽しませる。料理はすべて¥10,000のコースの一例。

  サプライズ体験と“口福”感を共有した分、相手との親密度は、さらに増すはずだ。

銀座 やまの辺 江戸中華
TEL:03-3569-2520
住所東京都中央区銀座8-4-21 保坂ビルB1
営業時間11:00~15:00(土曜のみの要予約制/限定1組)/16:30~L.O.22:00
休み日曜・祝日、不定休あり
席数12席
アクセスJR新橋駅銀座口より徒歩5分


『神戸牛炉釜炭焼ステーキ イデア 銀座』

 名だたるステーキの名店が居並ぶ銀座で、オープン2年にして美食家のハートを捉えたのが、ここ『イデア』だ。
「うちで扱っているのは、飼育日数33ヵ月以上の神戸牛、A5ランクの処女牛のみです。これを塊のまま、紀州備長炭を用いた炉釜でじっくりと焼いていく。だから、デリケートな焼き上がりになる訳です」と語るのが、経験豊かな一宮宏行総料理長。


 その言葉どおり、威風堂々と皿に盛られたシャトーブリアンステーキは、5~6cmはあろうかという分厚さながら、すっとナイフが入る柔らかさ。ロゼ色も鮮やかな断面は、しっとりときめ細かく、肉の繊維ひとつひとつに肉汁を湛えているかのような潤いに満ちている。そして、そのひと切れを頬張れば、シルクの如き舌触りのなか、余韻豊かな肉のエキスが口中に広がる。これならば、手ごわい相手でも、その味わいに思わず唸るはずだ。

1.神戸牛フィレ シャトーブリアンのステーキ200g ¥23,000~。写真は250g。2.炭火の強弱を見計らいつつ、焼き場所も変えて焼き上げる。3.前菜盛り合わせ¥2,800~。左から生ガキの生ウニとキャビア乗せ、神戸牛イチボのたたきなど。季節によりメニューは異なる。


 重厚感のある店内には、商談などにも最適な個室も完備。
「ここぞ」という勝負の折に覚えておきたい1軒だ。

神戸牛炉釜炭焼ステーキ IDEA 銀座  
TEL:03-6228-5259
住所東京都中央区銀座7-8-15 第2新橋会館7F
営業時間17:00~23:00
休み日曜・祝日
席数テーブル22席
個室2室(2~5名)
アクセス地下鉄銀座駅A2出口より徒歩5分

 

『海鮮名菜 香宮』

百戦錬磨の接待相手ならば、いつもとひと味違うマニアックな料理でインパクトを与えるのもひとつの手。そんな時には、ここ『香宮』の裏メニュー“順徳美食コース”が正解だ。


 和食に学んだ繊細な下ごしらえと香港仕込みの確かな技術で、独自の料理スタンスを持つ篠原裕幸シェフ。その彼が今、心酔しているのが、毎年訪れるという中国・順徳の郷土料理だ。


「広東料理のルーツを知りたくて訪れたのが順徳。淡水魚や野菜など食材が豊富で、素材の持ち味を生かした調理法と素朴な味わいが魅力です」
 田舎の家庭料理からレストランまで、さまざまな順徳の味を体験してきた篠原シェフ。数あるレパートリーのなかから、国内で手に入る食材で、日本人の口に合う料理を吟味し、組み立てたのが今回のコースだ。
 硬貨を模した五目餡の背脂挟み揚げや、おめでたい時に食す特大餅の揚げボールなど、必勝の裏メニューが接待の場をさらに盛り上げてくれそうだ。

五目餡の背脂挟み揚げ。サクサクとした歯触りも軽やか。中身は海老やシイタケ、マコモ茸を炒めた五目餡。
特大餅の揚げボール。風船のように膨らんだ中は、ほぼ空洞。餅粉と砂糖のみで作るお祝いの席の逸品。
大頭菜とスッポンの蒸し物。紹興酒やネギ、生姜に漬け込んだスッポンを中国の漬物とともに蒸した料理。蒸し加減も完璧。
海鮮名菜 香宮
TEL:03-3478-6811
住所東京都港区西麻布1-4-44 シグマ西麻布Ⅱ1F
営業時間11:30~L.O.14:00/17:30~L.O.22:00
休み日曜
席数テーブル16席
個室2室(4~10名)
アクセス地下鉄六本木駅2番出口より徒歩10分


Text=小寺慶子、森脇慶子 Photograph=上田佳代子、岡本 寿、富澤 元

*本記事の内容は15年11月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。
14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)