リピーター続出! 銀座の名店がつくる12万円の"究極のおせち"とは?

銀座にある日本料理の人気店「小熊」。毎年12万円という高額のおせちを販売し、今年もリピート注文が殺到したという。年末にむけて注目されているラグジュアリーなおせち料理の魅力に迫る。


銀座の日本料理店「小熊」がつくる豪華料理

雑誌『ゲーテ』の人気レストラン企画"ゲーテイスト"でも取り上げられ、食の求道者たちを魅了し続ける日本料理店「小熊」。

15歳でオホーツク海沿いの町・湧別で修業に入り、20歳から新橋「京味」にて研鑽を積んだ料理長・小岩浩高氏が生みだす、希少価値の高い食材や熟成技術を駆使した料理は、食の激戦区である銀座でも鮮やかな異彩を放つ。

そんな「小熊」からおせち料理が発売されているのをご存知だろうか。

価格は12万円(税別)。あの奥深い味をお正月の自宅でも堪能できるとあって、予約が殺到、リピーターも続出しているという。令和二年のお正月、「小熊」ならではの厳選した食材とこだわりが結集されたおせち料理をぜひ。

小熊
住所:東京都中央区銀座5-5-13 坂口ビル3F
TEL:03・5537・7444
料金:三段重(5~6人前)¥120,000
※数量限定のため、限定数に達し次第、予約終了
※予約は、店頭または電話にて
※引渡し方法は、令和元年12月31日午前9時~午前11時「小熊」にて


オトナの贅沢を彩る"Neo Japanese Dinner”がつくる至高の祝い膳

また、伝統とモダンを兼ね備えたこだわりのインテリア、日本料理の概念を覆す器、そこに意表をついた食材のマリアージュでゲストをもてなし、"Neo Japanese Dinner”と評されている「Kuma3」。銀座・並木通りに居を構えるこの名店でもエグゼクティブなおせち料理を初めて販売する。

料理長の添野充広氏のモットーは「本物の素材に斬新な創意工夫を加え、唯一無二の新しい日本料理」。今回は特製三段重おせちに加え、手土産にも人気の高い一日限定20本の「銀座くろまめへしけーき」をセットにした特別品も用意する。

「Kuma3」
住所:東京都中央区銀座5-5-14 JPR銀座並木通りビル8F
TEL:03・6274・4777
料金:特製三段重(4~5人前) ¥58,320、特製三段重[くろまめへしれけーきセット](4~5人前) ¥62,424
※送料は、一律¥1,650
※数量限定のため、限定数に達し次第予約終了
※引渡しはすべて配送(12月31日着指定)。時間の指定はできませんので、ご了承ください
※予約は、店頭または電話にて


ちなみに、増税となって初めての正月、軽減税率も適用される注文販売のおせち。銀座の名店がつくり出す究極のおせち料理でダイニングをお得にかつ華やかに彩るのはいかがだろうか。


Text=ゲーテWEB編集部


【関連記事】
接待からデートまで! ゲストの心を満たす銀座のもてなしレストラン『Kuma3』