プロ野球コーチ・光山英和の「美食と野球」第5回 大阪・心斎橋『和洋酒菜 ひで』

元プロ野球選手の光山英和は、楽天イーグルスの一軍バッテリー兼守備作戦コーチ。現役時代は野茂英雄の相棒として、近鉄バファローズのキャッチャーとして活躍。引退後は、西武ライオンズ、横浜DeNAベイスターズなどのバッテリーコーチとして指導する。その一方、常日頃から全国の旨い店を巡る美食家としての顔も持つ。そう、野球関係者の誰もが口を揃えて言う「球界一のグルメ」なのだ。そんな光山コーチが、全国の知る人ぞ知る名店をガイドする。


酒飲みが泣いて喜ぶ料理を用意

オフシーズンてアッという間に終わりますね〜。

選手達は「またシンドイシーズンが始まるのか……」の憂鬱と「ヨッシャ今年はやるで!」の希望が交錯する時期です。私は前者の憂鬱な気持ちが多かったかな……。

だからスター選手になれなかったのでしょう(笑)。

ただコーチになってからは、オフシーズンもいらないぐらいキャンプインが待ち遠しい(笑)。なんだったらキャンプやオープン戦もいらないぐらい。

シーズンの緊張感と、勝った負けたが大好きです!

今季の楽天イーグルスは、昨年の最下位からの出発ですから、「弱者の戦法」を使って、パリーグを大混戦に持ち込み、「熱パ!」の主役になります。そして、第3回「生ホルモン処 おさむちゃん。」でも書きましたが、無条件に私を信頼してくれた石井一久GMを胴上げできるよう頑張ります!

さて、そんな節目なので今回は、実兄がシェフの人気店 『和洋酒菜 ひで』をご紹介します!

心斎橋の路地裏にある『ひで』は、魚もあるし、肉もある。キムチも出るし、ポテトサラダがまあまあ名物で、サラリーマンの方々から、日本中の食通や料理人がこぞって通う店。居酒屋でもなければ割烹でもありません。

兄貴は大阪明星高校卒業 ⇒ 韓国 高麗大学校 法科大学に留学 ⇒ 三星ジャパン(現 日本サムスン)という、エリートコースを行きながら、突然辞職し、独学で料理を勉強。そして一流の料理人になりました。まぁ、身内が言うことではないですね(笑)。

会社員に戻れない退路を断った状況のなか、結果を出した兄貴は立派だと思います。

私の「最後の晩餐」は『ひで』に決めてるから、これからもいいもん、旨い
もんを作り続けてや~!

「野球も料理も人やねんなぁ〜」


和洋酒菜 ひで
住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-1-3
TEL:非公開
営業時間:18:00~23:00
休み:月曜
※完全予約制


第4回 京都『祇園 きだ』


第3回 大阪『生ホルモン処 おさむちゃん。』


光山英和
光山英和
1965年大阪府出身。大阪・上宮高校卒業後、’84年に近鉄に入団。正捕手として野茂英雄の女房役として活躍。中日、巨人、横浜、韓国・ロッテを経て2003年に現役引退。’11年から’13年まで西武で、’16から’18年まで横浜で、そして’19年シーズンからは楽天でバッテリコーチを務める。また、「球界一のグルメ」としても有名。兄・英俊は大阪で『和洋酒菜 ひで』を、弟・英明はあの『肉山』の創業者。
気になる方はこちらをチェック