小山薫堂が感嘆する〆と裏メニューが絶品のレストラン5選【ゲーテイスト2018まとめ】

見城 徹、秋元 康、小山薫堂の3人が、選りすぐりの極上レストランを発表するゲーテのレストラン大賞「ゲーテイスト2018」。そのなかから、小山氏の心を射止めた絶品の〆を供す至極の5店をピックアップ。  


裏虎(通称)

店名はなく、常連の間では"裏虎"と呼ばれている完全会員制のすき焼き店。〆は、土鍋で炊いたご飯の上に、すき焼き肉をのせて牛丼に。「究極の旨さ!」


SUSHI B GINZA

絶品の裏メニューが関東風と関西風の2種類のいなり寿司。具材は鰻、刻んだ厚切り卵、甘酢ガリ、アーモンドなど。「油揚げがじゅわーっと甘くて美味しい」


いわ倉

常連客のみがオーダーできる、スーパー裏メニューの広島焼き。キャベツ を蒸らすように焼くのが広島スタイル。特製ソースとの相性も抜群。


日本橋 蕎ノ字

天ざる蕎麦の発祥の地である日本橋に店を構える、天ぷらと蕎麦の店。〆はこだわりの蕎麦。「かえしで作る天つゆが、上品で美味しいんです」


リュミエール

低糖質のフレンチ。野菜中心のコースの最後は、セロリのブラマンジェ、牛蒡のキャラメル、小松菜のピュレを盛りこんだヘルシーなデザートで〆る。