【長崎県】中田英寿が全国の蔵元に教わった最高に旨い店<ゲーテイスト特別版>

2009年から’15年の6年半、のべ500日以上をかけて、47都道府県を旅した中田英寿さん。そこで出会った数々の酒蔵には、ある共通点があった。それは、「良質な蔵元であればあるほど、良質な食を知り尽くしている」ということ。中田さんが出会った全国津々浦々の特別なる蔵人にしか知りえない、最高に旨い”地元の名店"を紹介する。ゲーテのレストラン大賞「ゲーテイスト2019」に参加した中田さんによる、「ゲーテイスト特別版 全国の旨い店ガイド」がここに完成!


『COMATSU』 福岡市/イタリア料理

推薦人
「横山五十」/重家酒造 横山太三さん(専務取締役&日本酒杜氏)

「重家酒造の蔵がある壱岐(長崎県)から福岡までは、高速船で1時間ほど。長崎へ行くよりも近いので、外で食事をする際は福岡へ出ることがほとんどです。壱岐出身の知人が料理長をしている『コマツ 今泉店』は、若い人も気軽に楽しめるダイニング。スパニッシュイタリアンを中心としたメニューが豊富に揃い、『本日の鮮魚のカルパッチョ』は『横山五十』の純米大吟醸にもよく合います。『マルゲリータ』をはじめとするナポリピザや、パスタ、お肉の炭火焼もおすすめです」

住所:福岡県福岡市中央区今泉1-17-14-1
TEL:092-739-2345
https://comatsu.co


重家酒造

長崎県北部の玄界灘に浮かぶ壱岐島は、麦焼酎発祥の地。日本酒造りは、近年まで諸事情で途絶えていた。そんななか、壱岐焼酎「ちんぐ」で知られる重家酒造の専務取締役・横山太三氏が、「もう一度島で日本酒を造りたい」という思いを胸に、山口県の澄川酒造場で修業。横山氏が澄川氏と2014年に共同開発した「横山五十」は、最高峰の酒米“山田錦”と地下水が生み出す、フレッシュでジューシーな米の味わいが特徴だ。和食にも洋食にも合う“一杯目の日本酒”を目指しているという。

銘柄:横山五十
創業:大正13年(1924年)
住所:長崎県壱岐市石田町池田西触545-1
TEL:0920-40-0061
https://www.omoyashuzo.com


『小料理藤緒』 長崎市/和食料理

推薦人
『福田』/福田酒造 福田竜也さん(蔵元)

ビルの4階にあり、大人が集いゆったり過ごす隠れ家的な和食料理店。8席のカウンター席の他に、ゆっくりとくつろげる掘りごたつの席もあり。メニューは2018年9月から改定し、おまかせコースのみだ。「『藤緒』さんの季節のお料理は、本当にいつも楽しみにしているんです。季節の野菜はもちろん、珍しい魚貝類など、その日一番の食材を使って大将がとびきりのコースを振舞ってくれます。20年以上長崎で愛され続けていて、他県にもファンが多いお店なので、予約をされていくのがオススメです」

住所:長崎県長崎市鍛冶屋町6-1 六番館ビル4F
TEL:095-825-3676
http://www.koryourifujio.com/


福田酒造
日本酒だけでなく本格焼酎である「じゃがたらお春」も有名。春じゃが日本一の生産量である長崎県で、じゃがいもの市価安定救済策として「じゃがいも焼酎・じゃがたらお春」がつくられた。昭和57年から発売を開始し、今では名物のひとつとなっている。福田酒造でつくられる日本酒の多くは、米の外側の脂肪やタンパク質が、お酒特有のイヤな匂いにならないよう、洗米、麹造り、発酵の工程は、ほとんど手造業で行われている。これが、香り爽やかですっきりと飲みやすい日本酒の所以である。

銘柄:福田、福鶴
創業:元禄元年(1688年)
住所:長崎県平戸市志々伎町1475番地
TEL:0950-27-1111
https://www.fukuda-shuzo.com/


中田さんが開発している日本酒アプリ「Sakenomy」では、さらなる情報を公開!さらなるレストランに加え、宿やお取り寄せ情報も掲載しているので、長崎を旅するときのお供に!!


Text=小松めぐみ、星佑黄


【福岡県】中田英寿が全国の蔵元に教わった最高に旨い店<ゲーテイスト特別版>

【佐賀県】中田英寿が全国の蔵元に教わった最高に旨い店<ゲーテイスト特別版>

【中田英寿が全国の蔵元に教わった最高に旨い店】シリーズをまとめて読みたい人はこちらをクリック!