【山梨県】中田英寿が全国の蔵元に教わった最高に旨い店<ゲーテイスト特別版>

2009年から’15年の6年半、のべ500日以上をかけて、47都道府県を旅した中田英寿さん。そこで出会った数々の酒蔵には、ある共通点があった。それは、「良質な蔵元であればあるほど、良質な食を知り尽くしている」ということ。中田さんが出会った全国津々浦々の特別なる蔵人にしか知りえない、最高に旨い”地元の名店"を紹介する。ゲーテのレストラン大賞「ゲーテイスト2019」に参加した中田さんによる、「ゲーテイスト特別版 全国の旨い店ガイド」がここに完成!  


『十四番目の月』 甲府市/和食・創作料理

「青煌」/武の井酒造 清水紘一郎さん(専務取締役)
「老舗の酒屋が経営する飲食店で、山梨の食材を使った料理とお酒を提供するのが特徴です。私がまず頼むのが甲州クリスタルポークを使ったサラダ。果樹園に囲まれた清潔な豚舎で丹精込めて育てられた豚は、脂自体に甘みがあって絶品。そこに『青煌』はもちろん、山梨産の日本ワインも充実しているので、好みのものを相談することをおすすめします。シメには『とろとろ玉子の甲州地どりの親子丼』をぜひ。甲府駅からすぐとアクセスもいいので、あずさに乗って山梨づくめを堪能しに来てください」

住所:山梨県甲府市丸の内2-2-6 仙山閣ビル1F 
TEL:055-236-3117 
https://14banmenotuki.gorp.jp


武の井酒造

南アルプスを始めとする雄大な自然に囲まれた山梨県北杜市にて、全国各地より取り寄せた酒造好適米を用いて酒を醸す。特筆すべきは花酵母を使っている点。東京農業大学で花から分離された酵母を使用している。「仕込水は名水百選にも選ばれている三分一湧水のある八ケ岳山麓の伏流水を使用しています。飲み口がすっきりとして、後味も爽やかなのが青煌の特徴。『青煌』、『武の井』の2ブランドを軸に、今後も進化を続けていきます」

銘柄:青煌、武の井 
創業:慶応元年(1865年)
所在地:山梨県北杜市高根町箕輪1450番地 
TEL:0551-47-2277 
http://takenoishuzo.jp/


『ハーベストテラス 八ヶ岳』 小渕沢/農園レストラン

「七賢」/山梨銘醸 北原亮庫さん(専務取締役 兼 醸造責任者)
「八ヶ岳南麓の雄大な自然の中に佇む、農園が経営するレストランです。目の前は甲斐駒ケ岳や八ヶ岳が広がり、日本百名山級の山々を臨めるマウントビュー。眼下には畑が広がり、そこで採れた野菜を堪能できます。その野菜は味が濃く、どこか土の香りがするのが特徴。イタリアンを軸としているのですが、地元山梨のワインに加えて、『七賢』のスパークリング日本酒がこの上なく合う。地元の恵みをたっぷりいただく地産地消レストランです」

住所:山梨県北杜市小淵沢町4869-1 
TEL:0551-36-8100 
http://harvest-t.jp


山梨銘醸

掲げているのは「地元白州の水を体現できる酒」。白州の水と相性の良い造りを求めて試作を重ね、吟醸造りの原酒仕立て手法を確立している。「近年は日本酒スパークリングの開発も重ね、新たな日本酒の価値の創造に力を入れています」

銘柄:七賢 
創業:寛延3年(1750年)
所在地:山梨県北杜市白州町台ヶ原2283 
TEL:0551-35-2236 
https://www.sake-shichiken.co.jp

中田さんが開発している日本酒アプリ「Sakenomy」では、さらなる情報を公開! さらなるレストランに加え、宿やお取り寄せ情報も掲載しているので、山梨を旅するときのお供に!!


Text=本庄真穂


【東京都】中田英寿が全国の蔵元に教わった最高に旨い店<ゲーテイスト特別版>

【埼玉県】中田英寿が全国の蔵元に教わった最高に旨い店<ゲーテイスト特別版>

【栃木県】中田英寿が全国の蔵元に教わった最高に旨い店<ゲーテイスト特別版>