【山口県】中田英寿が全国の蔵元に教わった最高に旨い店<ゲーテイスト特別版>

2009年から’15年の6年半、のべ500日以上をかけて、47都道府県を旅した中田英寿さん。そこで出会った数々の酒蔵には、ある共通点があった。それは、「良質な蔵元であればあるほど、良質な食を知り尽くしている」ということ。中田さんが出会った全国津々浦々の特別なる蔵人にしか知りえない、最高に旨い”地元の名店"を紹介する。ゲーテのレストラン大賞「ゲーテイスト2019」に参加した中田さんによる、「ゲーテイスト特別版 全国の旨い店ガイド」がここに完成!    


『MARU』 萩市/創作料理

推薦人
「東洋美人」/澄川酒造場 澄川宜史さん(代表取締役社長)
「甘鯛や長州鶏、むつみ豚など、地元の食材を活かした創作郷土料理が楽しめるお店です。日本酒も萩の地酒にこだわっていて、『東洋美人』は日本一豊富に揃っているので、県外からお客様が来ると必ずご案内しています。料理は地物のたこを茹でて特製のタレをかけた『たこつぼ』など、酒飲みの心をくすぐるものばかり。萩焼の器で出される名物『見蘭牛のにぎりずし』には、日本最古の在来牛"見島牛"とホルスタインを掛け合わせた見蘭牛が生かされています」

住所:山口県萩市吉田町78
TEL.:0838-26-5060


澄川酒造場

米問屋だった澄川家が親戚の酒蔵を引き継ぎ、1921年に創業。酒造年度13BY(平成13年)より、4代目の澄川宣史氏が杜氏として活躍している。澄川氏が目指すのは、"稲をくぐりぬけた水"のように、透明感あふれる酒。様々な大会で受賞歴を誇る「東洋美人」は、透明感のある、なめらかでフルーティーな酒質が特徴だ。蔵は2013年の集中豪雨で甚大な被害を受けたが、翌年末から新しい蔵が稼働中。「東洋美人」のippoは、天災から立ち直り、「原点からの一歩」を踏み出すという思いを込めたシリーズだ。

銘柄:東洋美人
創業:大正10年(1921年)
住所:山口県萩市大字中小川611
TEL:08387-4-0001 


『いろり山賊』 岩国市/炭火焼き

推薦人
「雁木」/八百新酒造 小林久茂氏(代表取締役)

「真っ暗な山道を進み、緩やかなカーブを曲がると、それまでの静寂が嘘のように煌々と灯りがともる集落が現れます。ここが『いろり山賊』。コンセプトはその名の通り"山賊"で、若鶏の炭火焼きを豪快に頬張る『山賊焼』、その大きさに誰もが驚く『山賊むすび』、出汁にこだわった『山賊うどん』が3大名物。同店直営の牧場で育てられた3歳未満の牛のみを使った『皇牛(すめらぎぎゅう)のステーキ』も人気なので、ぜひ味わってみてください」

住所:山口県岩国市玖珂町1380-1  
TEL:0827-82-3115 
http://www.irori-sanzoku.co.jp


八百新酒造

明治初期の創業より雁木のある水際で酒を醸し続ける。雁木は水際のターミナルと考え、おいしさのターミナルを目指し、「最後にもう一杯飲みたくなる酒」を理想としている。「お米を作ってくださる農家の方々、清澄な水を生み出す郷土の自然、私たちと共同作業をしてくれる微生物、そして生まれた酒を飲んでくださるお客様に向けて、蔵人一同、感謝のきもちを“おいしさ”に代えて伝えていきたいと思います」

銘柄:雁木 
創業:明治10年
住所:山口県岩国市今津町3-18-9 
TEL:0827-21-3185 
http://www.yaoshin.co.jp


『つきひ』 周南市/割烹

推薦人
「獺祭」/旭酒造 桜井一宏氏(代表取締役社長)

「山口県で白身の魚というと、フグを想像される方が多いと思います。もちろん絶品のフグが味わえる店なのですが、私のおすすめはおこぜ。それも活き造りが別格に美味なのです。ここは古木を使ったカウンター割烹で、おこぜがさばかれる様子を目の前で見られるのも一興。供されたものは、ぜひ『獺祭・磨き二割三分』と。フグよりも色気とはまた違ったオコゼと必ずマッチするはずです。東京では決して味わえない、山口ならではの絶品が揃う名店です」

住所:山口県周南市飯島町1-47 
TEL:0834-21-0543


旭酒造

今やその名前が全国、そして世界に轟く快進撃の酒造。「2020年2月には、最高の山田錦を目指して農家さんにチャレンジしてもらうべく、コンテストを実施します。 1位は1俵50万円、それも出品単位を50俵とするため、実質2,500万円で買い取り、そのお米で最高の獺祭を造ります。また世界最大の料理大学と提携し、N.Y.のハドソン川沿いに、酒蔵を作る計画も進行中。ここから世界の食文化を変えていきたいと願っています」

銘柄:獺祭
創業:昭和23年
住所:山口県岩国市周東町獺越2167-4 
TEL:0827-86-0120 
https://www.asahishuzo.ne.jp


『N-3trois』 宇部市/フレンチ

推薦人
「貴」/永山本家酒造 永山 貴博さん(代表)
「フランス料理をもっと身近に感じてほしい」というコンセプトのもと、日本各地で修行を積んだシェフが営む一軒家の小さなフレンチレストラン。作り手の顔がわかる地元山口県やフランスの食材を使って、体に優しい料理を届けている。「『N-3trois』のメニューは、季節に合わせたコース料理。地元でつくられた旬の食材にもこだわっていますが、器にもぜひ注目してほしいです。『N-3trois』の器は、オーナーと親しみのある器作家さんが作っているものなんですよ。シェフはこの場所で暮らしている人の、愛情や思いをとても大切にされている。一皿一皿、美味しさの先にあるストーリーまで感じられるお料理です」

住所:山口県宇部市西岐波2076-1
TEL:0836-51-9006
https://www.n-3trois.com


永山本家酒造

永山本家酒造は、アルコール添加を一切使わず、創業当時から体に優しい酒造りを続けている。日本酒は、全て「純米酒」。この純米酒には、秋吉台・秋芳洞カルスト大地を源流とする厚東川の地下からくみ上げたカルシウムとミネラルが豊富な「中硬水」が欠かせない。一般的に、日本酒造りには軟水が好ましいとされているけれど、この「中硬水」こそ、永山本家酒造の日本酒がもつ個性の源だ。辛口でありながらも、さわやかな香りが立つ純米酒。創業から代々、この味が受け継がれ続けている。永山本家酒造は「癒しと米味」をコンセプトに、変えてはいけないものを守りながらも、海外進出を果たすなど、常に新しい挑戦を続けている。

銘柄:貴
創業:明治21年
住所:山口県宇部市大字車地138
TEL: 0836-62-0088
https://www.domainetaka.com/


『歩留都』 岩国市/小料理

推薦人
「五橋」/酒井酒造 松村貴明さん(製造部)

岩国市で昔から続く小さな居酒屋で、お昼は定食屋として営業している。大将が毎朝市場へ出かけ、その日一番の魚介類を自ら仕入れている。「観光客が来るというよりも、地元の人が集う、こぢんまりとした隠れ家のようなお店です。リーズナブルで暖簾をくぐりやすいのですが、日本酒と合わせていただく料理が本当にどれも美味しくて。とくに僕は、小鰯の天ぷらが好きです。地元の美味しいものをたくさんいただけますよ。気のいい大将がひとりで切り盛りしていて、昔からのファンが多いんです。いつも賑わっているので、行くときは予約した方が安心です。上手に飾られていない、地元で暮らしているかのような温かさを感じられると思います」

住所:山口県岩国市麻里布町3-1-2
TEL:0827-22-3926


酒井酒造

創業から代々受け継がれてきた信念は、「当たり前のことを当たり前にやる」。人の心を喜ばせる日本酒は、よい米、よい水、よい技術があってこそ。これらが三位一体となったときであるという考えを貫き、原料となる契約栽培をしている山田錦や、県内の酒造好適米栽培地には蔵元自ら視察にいき、田植えから始まる米作りにもこだわっている。「五橋」の特徴である、香り高くきめ細かな酒質は、山口県最大の清流「錦川」の伏流軟水によってつくられているもの。特に純米大吟醸では、この超軟水によるやさしい吟醸香と軽快な口当たり、ふくよかな旨味を感じることができる。

銘柄:五橋
創業:明治4年
住所:山口県岩国市中津町1-1-31
TEL: 0827-21-2177


中田さんが開発している日本酒アプリ「Sakenomy」では、さらなる情報を公開! さらなるレストランに加え、宿やお取り寄せ情報も掲載しているので、山口を旅するときのお供に!!


Text=小松めぐみ、星佑貴、本庄真穂


【広島県】中田英寿が全国の蔵元に教わった最高に旨い店<ゲーテイスト特別版>

【島根県】中田英寿が全国の蔵元に教わった最高に旨い店<ゲーテイスト特別版>

【中田英寿が全国の蔵元に教わった最高に旨い店】シリーズをまとめて読みたい人はこちらをクリック!