"グローカル"なリヴィール プロジェクトのボンバージャケット【ゲーテが選ぶ新定番】

日本の伝統工芸を取り入れた新ブランド、リヴィール プロジェクトのボンバージャケットは、京手猫友禅の名門、木村染匠とのコラボ―レーションによって誕生した、息を呑むほどに美しいジャケットだ。


世界を魅了する日本の伝統美

"グローカル"という言葉がある。

"Global"と"Local"をかけ合わせた造語で、特定の地域特有の文化を活かしつつも、世界に通じる価値を備えたモノなどを指す。

タトラスのクリエイティヴディレクター坂尾正中氏が日本人としての存在意義を見つめ直し、日本の伝統文化を未来へとつなぐ「リヴィール プロジェクト」のボンバージャケットは、まさにグローカルの手本である。

「YUZEN on RAKUJU]¥1,000,000

京手猫友禅の名門木村染匠とのコラボレーションによるジャケットは、キモノ同様の正絹を使用。

背には伝統的な京手猫友禅の技法を駆使し、日本の歴史的な意匠や芸術家から厳選した7つの絵柄が表現される。

まさに日本でしか生みだせない、世界を魅了するジャケットだ。

挿し友禅(手描きの染付け)や刺繍など、約15の工程を経る友禅の技法を駆使した絵柄は息を呑むほど美しい。限定店舗にて受注(全7柄各6色展開)

問い合わせ
タトラス TEL:03-5708-5188

Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ) Photograph=隈田一郎