第5回ゲーテ・レストラン大賞 悶絶レストラン ゲーテイスト2017 今年の「肉」はコレだ

空前の肉ブームが囁かれて久しいが、今年も肉は、賢者たちの心を摑んで離さない。メインはもちろん、「悶絶級に旨い」と言わしめるサイドメニューも注目だ。美味しい肉を食べる日はまさにイベント。秋元康・小山薫堂・見城徹が、そんな心浮き立つ5店をピックアップ。

肉山(Nikuyama)
<肉料理/吉祥寺>

【キラーのひと皿】「垂涎の赤身肉」/赤身の塊肉にこだわり、絶妙な火入れで提供。脂が少なく肉の旨みが凝縮した赤身は、軽やかでいくらでも味わえる。

 では例年の慣わしどおり、3人が讃える"肉道極める店"を挙げていきましょう。トップは僕から務めさせていただきます。今年はいつになく、ややメジャー感がありますが「あの山に登れた」ことが嬉しかったので、吉祥寺の『肉山』を。

 実は行ったことないんです。

 えええ!? ないの?

 そんなビックリします?

 そんなに人気店なの?

 吉祥寺にある赤身肉専門の店で、なかなか予約が取れないことで有名ですよ。夜は2部制、土日は昼も含めた3部制なんですが、まれにフェイスブックでキャンセル情報が出ても一瞬で埋まるし、噂によると今年の6月まで予約がいっぱいらしいです。最近は新潟や埼玉の大宮、大阪の福島にも姉妹店がオープンするほどの人気ぶりで。

 その勢いはすごいな。

 気に入っているのは、お客さんが「『肉山』に登ってきた」という言い方をするところ。その話を聞いて、僕も登りたいなと思って。「肉山登山」いいでしょ?

馬ヒレ肉。『肉山』のオリジナル、タスマニア産のチリマスタードを添えて/秋元さんがたまらず"お代わり"したひと品。料理はすべて¥5,000のおまかせコースより。

小 いいですねぇ(笑)。肉はどんなスタイルで食べるんです?

 基本的に赤身肉を主体にしたコースで、牛肉や馬肉を塊肉で焼きながら、この部位を食べてほしいと薦めてくれるの。僕が食べた馬肉のヒレは悶絶級に美味しくて、お代わりしたほど。焼き方も相当こだわってますね。

 僕もこの山、登りたいです。

 肉だけじゃなくてキムチも旨いし、〆(しめ)のメニューも充実している。カニの旨みに端っこ肉、といっても一番いい部分がゴロゴロと入った特製カレーとか、卵かけごはんが選べる。

 確かにカレーには惹かれるね。ここは知らなかったな。

カレーライス/開店当初はビーフシチューだったが、「ごはんを食べてほしい」と特製カレーに変更。カニの旨みとキムチの汁が隠し味。一度食べたらクセになる魅惑の味わい。

 確かに見城さんっぽくはない店かも(笑)。

 食べることが好きな仲間と、話題の店に行く感じですね。「肉山登ろうぜ」って誘って。実際、わざわざ登山の格好をして来た強者もいるらしい(笑)。

 田端にもそんな店がありましたよね? 貸し切りのみ、遅刻厳禁という肉の店が。

 やはり食べることが好きな人ってどこかM体質なんだよね。1分でも遅刻したら店に入れてもらえないとか、食べ方にしても逐一注意されたり。厳しくされればされるほど、余計に消化酵素がガンガン働いて、また行きたくなるという。

 ふたりの掛けあいを聞くだけで十分楽しめる(笑)。薫ちゃん、登山報告を待っているよ。

卵かけごはん/TKG用にやや硬めに炊くというごはんに卵とごま油のタレを加えて。
肉山(Nikuyam)
TEL:0422-27-1635
住所:東京都武蔵野市吉祥寺北町1-1-20 藤野ビル2F
営業時間:1巡目17:00~、2巡目20:00~、土日のみ3部制12:00~もあり
休み:無休
備考:席数:20席、個室:なし ※完全予約制

鉄板焼 銀座おのでら
(Teppanyaki Ginza Onodera)
<鉄板焼き/銀座>

【キラーのひと皿】「ステーキサンド」

 え、『おのでら』ってステーキもやってるんですか?

 銀座で寿司、天ぷら、鉄板焼き3店舗。パリ、NY、ロスにも展開しているね。ちょっと自慢話になっちゃうけど、ハワイの店に予約入れて行ったら、総料理長の神辺孝則(かんべたかのり) さんがわざわざ日本から来てくれまして。

 すごいおもてなしですね。

 それで、翌日に帰られて。神辺さんって『ホテルニューオータニ』にずっといた方ですが、すっかりそれに感激して銀座で4回くらい行ったかな。

 コースなんですか?

 コースが1万6000円ぐらいから、いくつかありますよ。僕の時は、最初にアランチーニっていうシチリアのライスコロッケが出て、まずこれにやられた。それから伊勢エビのグラタンも鉄板で作るんです。

 それ、美味しそう!

 ダブルコンソメも絶品。次が「ステーキサンド」ね。鉄板で焼いたパンの食感も、ソースも見事。キャベツも目の前で切りたてを挟んでくれて、旨いのよ。〆に薦められたTKG=卵かけごはんも、それはもうさっぱりで秀逸でしたね。

鉄板を駆使する総料理長の神辺さん。
鉄板焼 銀座おのでら(Teppanyaki Ginza Onodera)
TEL:03-3567-5885
住所:東京都中央区銀座4-6-18 ギンザアクトビル7F
営業時間:11:30~L.O.14:00/17:30~L.O.21:30
休み:無休
備考:席数:カウンター19席、個室:1室(2~6名)

銀座いしざき(Ginza Ishizaki)
<ステーキ/銀座>

【キラーのひと皿】「コンビーフ卵かけごはん」

 おふたりも、いろいろなステーキハウスに行かれていると思いますが、僕が最近手応えを感じたのが『いしざき』です。

見 新しいんだ。しかし、銀座はステーキの店が増えているね。

 ここはやっぱり、肉をガツンと食べさせる店なの?

 ええ、ステーキも旨かったですけど、印象的だったのはコンビーフがのったTKGですね。

 ここも卵かけごはん! いいね。しかもステーキ屋のコンビーフっていうのがまた旨そう。

 基本、コースなんでしょ?

 深夜2時までの店なので、1時以降はアラカルトもやっているみたいです。ハンバーグとか、最近は雲丹(うに)ユッケ丼なんかもあるみたいで。「リクエストにできるだけ応えます」という柔軟性のあるところもいい。使い勝手がいいと思いますよ。

 深夜2時って、そんな夜中にステーキ食わないでしょう?

 銀座の深夜営業って結構、貴重なのでニーズはあると思います。コースのデザートでかき氷が出てくるんですけど、ちょっと心くすぐられますし。

 それいいね、決めた! 絶対行く。

仙台牛のシャトーブリアンステーキ¥16,000~(150g~)。
銀座いしざき(Ginza Ishizaki)
TEL:03-6228-5973
住所:東京都中央区銀座8-7-2 堀越ビル4F
営業時間:18:00~L.O.翌1:30(土曜~23:00)
休み:日曜、祝日
備考:席数:カウンター6席、テーブル6席、個室:なし

佐賀牛restaurant SAGAYA 銀座
(Sagagyu Restaurant Sagaya Ginza)
<牛肉料理/銀座>

【キラーのひと皿】「白トリュフのリゾット」

 この店も今回の肉に入れたかったんです。『佐賀牛レストラン』と謳う店で、美味しかった。

 場所は? どこにあるの?

 銀座2丁目にある比較的新しいビルの6階です。

 焼肉ですか? それともステーキ?

 イタリアンとフレンチの技法を駆使するシェフによる、血統にこだわったA5等級の佐賀牛をメインにしたコースで、ひとつひとつ考え抜いた料理になっています。佐賀牛タルタル雲丹のソースや、佐賀牛ザブトンのすき焼き仕立てザバイオーネトリュフがけ、とかね。

 タルタルいいね、刺身は?

 佐賀牛の赤身肉を昆布締めにしたカルパッチョがあります。あと、昨年の11月に食べたメニュー「白トリュフのリゾット」はキラーに推したいですね。

見 工夫していて、いいね。

 お値段は? 高いですか?

 サガヤ流のおまかせコースで、1万3800円。

 それはリーズナブルだよ。

 僕たちは個室で食べたけれど、窓側に雰囲気のいいふたり席もあるし、用途によっても使いやすいお薦めの店です。

赤身ランプステーキ/料理はコース¥13,800の一例から。
佐賀牛restaurant SAGAYA 銀座
(Sagagyu Restaurant Sagaya Ginza)

TEL:03-6263-0782
住所:東京都中央区銀座2-5-19 PUZZLE銀座6F
営業時間:17:30~L.O.22:00
休み:不定休
備考:席数:カウンター6席、テーブル36席、個室:7室

肉塾(Nikujyuku)
<焼肉/東銀座>

【キラーのひと皿】「ハラミと白米」

 では、僕はいわゆる一般的な焼肉店とは一線を画す、超ストイックな焼肉店をご紹介したいと思います。

 焼肉店でストイックか。

 まず、ここは店主のことを"塾長"と呼ぶんですけど。

 『肉塾』なだけにね。

 この塾長の肉焼きのこだわりが半端じゃなくて。もうお節介なくらいに食べ方を指南してくれます。「今だ!」って。

 塾長が焼いてくれるの?

 まさに一肉入魂の勢いで。例えばシマチョウだったら7秒に一度肉を返すとか、部位ごとに細かく火加減を調整して焼いてくれるのですが、どれも抜群に旨いんです。僕は、コースの最後に出てくる「ダメ人間セット」というのを食べまして。炊き立てごはんの上にハラミと自家製タレをのせて食べるんですが、これがもう......!

 人を惑わせるほどの旨さなワケだ。だから「ダメ人間セット」。面白いね(笑)。

 個室はあるの?

 最大20名くらいの個室があるんですけど、この店のストイックさを堪能するなら2~4名で行くのがお薦めです。

ダメ人間セット(おまかせコース¥10,000~に含まれる)/焼肉コースの〆に登場。店内で精米し土鍋で炊き上げたごはんが人気。
肉塾(Nikujyuku)
TEL:050-3580-2919
住所:東京都中央区銀座7-11-6 銀座イソノビル B1
営業時間:17:00~翌5:00
休み:土曜
備考席数:テーブル40席、個室1室(~20名)

Cooperation=Sweet Thick Omelet,inc. Text=粂 真美子、小寺慶子、藤田実子、山本真由美、中井シノブ Photograph=薄井一議、上田佳代子、鈴木拓也、中庭諭生、大谷次郎、菊池陽一郎、内藤貞保、福森クニヒロ、笹原健裕、比田勝大直

*本記事の内容は17年1月1日取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)