高級時計フランク ミュラーの魅力を五感で味わえるラウンジ空間とは?【東京マリオットホテル】

東京、品川の御殿山に位置する東京マリオットホテル1階「ラウンジ&ダイニング G」では、9月1日~11月30日までスイスの高級機械式時計ブランド「フランク ミュラー」とコラボレーションしたメニューを提供している。「アフタヌーンティー」「イブニングハイティー」「カクテル」という3つのコラボメニューを"フランク ミュラー仕様"となった開放的な空間で存分に愉しみたい。


"時を刻む"空間とメニュー

高度で複雑な技術を小さな腕時計に組み込み、歴史的に意義のある機構を見事に蘇らせた「フランク ミュラー」。そして、世界都市・東京の華やかな歴史文化に触れる御殿山で煌めく豊かな体験を届けてくれる「東京マリオットホテル」。

このたび、その2つの個性によって"時を刻むメニュー"をテーマとした3つのコラボレーションが誕生。東京マリオットホテルの1階にある開放的な「ラウンジ&ダイニング G」は、9月1日から3ヵ月間、フランク ミュラーの腕時計の象徴的存在であるビザン数字のオブジェで華やかに彩られている。

遊び心を添えたアフタヌーンティー

まずは13時~17時に楽しむことができるアフタヌーンティーから紹介しよう。

時計の針やネジをモチーフにしたスイーツ&セイボリー(軽食)などを提供。情熱的な想いを大切な人へ届ける"ハート トゥ ハート"の世界観を深紅のハート型オブジェで表現するグラススイーツに加え、ビザン数字を描いた"クレイジーアワーズ"フィナンシェなど、随所に"時を刻む"アイテムがティータイムを華やかに彩る。

極めつけは、ムースの中から数字が現れる趣向を凝らしたスイーツ「トンカ豆とフランボワーズのムース」。数字の代わりにハートが現れる「ラッキー ハート」を当てるとフランク ミュラーのオリジナルグッズが贈られるサプライズもある。1人¥5,500という価格でマリオットならではの遊び心を添えたアフタヌーンティーを満喫することができる。

"時を刻む"マリアージュを味わうイブニングハイティー

17時から21時までのイブニングハイティーでは、シャンパンやワインのフリーフローと、シェフの感性が光る料理とのマリアージュを味わうことができる。なかでも、シャンパン「アンリオ ブリュット・スーヴェラン」は、まさに今回のテーマにぴったりな逸品。200年以上の歴史を持ち、各国の国王にも愛されているシャンパンメゾン「アンリオ」が"シャンパンを愉しむ時間を輝かせたい"という想いで作ったもので、柑橘類や白い花のアロマとクリーミーな味わいが印象的だ。

また、"輝く時を産む"卵に入った「アワビと茸のフリカッセ」や、3色のキャビアを閉じこめた「ハート最中」など独創性豊かな品々が並ぶ。

腕時計をモチーフにした3種のカクテル

そして、11時から23時30分のラストオ―ダ―まで、いつの時間も注文できるスペシャルなカクテルを頼まずにはいられない。「ヴェガス」「カサブランカ」「カラードリーム」という3種類で、いずれもフランク ミュラーの腕時計をモチーフにしている。

ルーレットを文字盤に組み込んだ時計「ヴェガス」をイメージしたカクテルは、カジノでのドキドキと熱く燃える鼓動を、唐辛子をインフュージョンしたカルーアリキュールで表現した。

"過去の時"へのノスタルジーを掻き立てる時計「カサブランカ」をモチーフにしたエレガントな一杯は、同名の映画に登場するシャンパンカクテルをアレンジ。揺れ動くパールパウダーで"時の変化"を表したエルダーフラワーの香り広がる華やかなカクテルだ。

カラフルなインデックスを特徴とする「カラードリーム」から着想を得たカクテルは、アールグレイを漬けたベリーウォッカをベースにした。生クリームとホワイトチョコレートにハートがのぞく、まるでスイーツのような一杯に仕上がっている。

左から「ヴェガス」「カサブランカ」「カラードリーム」

開催期間は、11月30日まで。大切な人とホテルのラウンジ空間で煌めく一瞬を紡ぐことができる、またとない機会を逃してはならない。

場所:東京マリオットホテル「ラウンジ&ダイニング G」
住所:東京都品川区北品川4-7-36
開催期間:9月1日~11月30日
TEL:03-5488-3929
■アフタヌーンティー
時間:13:00~17:00(13:00~/15:30~の2部制)
料金:1名¥5,500(2名より予約)
■イブニングハイティー
時間:17:00~21:00(ドリンクフリーフロー90分)
料金:1名女性¥8,000/男性¥9,500
■カクテル
時間:11:00~23:30(L.O.)
料理:各¥1,800
※料金はすべて税・サ別

Text=鈴木 悟(ゲーテWEB編集部)