小山薫堂が選ぶ感動レストラン② ~ゲーテイスト2018まとめ

ゲーテ毎年恒例のレストラン企画「ゲーテイスト」で、小山薫堂が2018年に挙げた名店は全14店。今回は、小山セレクトによる珠玉のレストランをまとめて紹介する。デートにおすすめの店から新進気鋭のシェフの店、そしてわざわざ行きたい地方のかき氷の店まで バラエティに富んだリストは必見!

8.口悦

歴代の総理大臣や各界の著名人が通った名料亭『口悦』が割烹として復活。軽く飲んだり、好きなものを自由に食べたり、大人のわがままを叶えてくれる。「高級な食材を使った料理と素朴な家庭料理が混在しているのがいい」と小山氏。


9.いわ倉

日本料理店出身の店主が営む鉄板焼き。高級食材のオンパレードになりがちな鉄板焼きを、素直に楽しいと思わせてくれるカジュアルなメニューが魅力。小山氏が絶賛するのは、常連だけのスペシャル裏メニューの広島焼き。


10.青華こばやし

器好きは絶対に行くべき」と小山氏が断言するほど、器使いにもこだわりを持つ日本料理店。お薦めは桜鱒や鮎、鰻など、旬の魚を炭火で塩焼きにした焼き物。ごまかしのきかないシンプルさゆえに、料理人の腕前がわかる。


11.日本橋 蕎ノ字

昨年、日本橋に移転してきた天ぷらと蕎麦の店。天ざる蕎麦は日本橋が発祥なので、この地に店を開いたそう。吟味した食材を提供しながら、コースは6800円と8900円の2種類とリーズナブル。〆にのど越しのよい蕎麦が登場する。


12.La Cime

王道と今時の間という絶妙なバランスの大阪の名フレンチ。その料理はどれも、シェフの故郷である奄美大島の食材や伝統的な食文化をフレンチに落としこんだもの。振り幅の広い発想力豊かな料理に唸らされる。


13.monk

京都・哲学の道にある薪焼きの店。7000円のコースで最初に出てくるのは「出だしで心を掴まれる」という、パルミジャーノをかけたピッツァ生地の素焼き。鯖や九条ネギ、京都の猟師が獲った鹿肉のラグーなど具材選びのセンスも抜群。


14.梵くら

仙台に店を構えるかき氷専門店。小山氏は「東京から新幹線で食べに行く価値があるくらい美味しい」と語り、訪れる際は2品頼むという。冬でも混んでいて、整理券を配ることもあるほど。その衝撃な旨さに全国にファンを抱える。


「小山薫堂が選ぶ感動レストラン①」はコチラ