秋元康が驚愕する〆が絶品のレストラン5選 【ゲーテイスト2018まとめ】

見城 徹、秋元 康、小山薫堂の3人が、選りすぐりの極上レストランを発表するゲーテのレストラン大賞「ゲーテイスト2018」。そのなかから、秋元氏の心を射止めた絶品の〆を供す至極の5店をピックアップ。


チニャーレエノテカ

誰かの家のような、温もりのある隠れ家敵雰囲気が魅力のイタリアン。〆の手打ちパスタは、毎日手打ちする、この店のスペシャリテ。「家庭料理のような味で美味しい」


しゃぶしゃぶ KINTAN

絶品しゃぶしゃぶの〆はトリュフぞうすい。「しゃぶしゃぶ後のスープをとろみが出るまで煮詰め、ご飯と卵を混ぜた後、トリュフをこれでもかというほどスライス。仕上げにトリュフオイルをかけて完成。これが旨い!」


茶禅華

"和魂漢才"をコンセプトに、日本人の嗜好にあわせた中華料理を追求。元大使公邸だったという洋館の一軒家は、シックで落ち着いた雰囲気。コースは15品前後の季節の食材を使ったおまかせ。〆の担々麺が絶品。


いち太

〆は十割蕎麦。「茨城県常陸の秋蕎麦にこだわり、特注の石臼で毎日挽いているというだけあって、非常に旨い」と絶賛。せいろ、ゴマだれ、かけ蕎麦、季節の蕎麦から1度だけお代わりができるのも嬉しい限り。


由庵 矢もり

月島のもんじゃストリートから1本路地を入ったところに門戸を構える、蕎麦懐石の店。「現代の江戸蕎麦」を追求しつつ、蕎麦のサラダ仕立てなど、斬新なメニューを取り揃える。〆には温かい蕎麦と十割のせいろで。