【勝負メシ!】外食業界のカリスマ・西山和義が通う極上レストラン3選+勝負のひと皿

会食とは、単に"食事を共にすること"ではない。美味な料理やきめ細やかなもてなしを前に相手は胸襟を開き、本音が引きだされ、それがビジネスの大きな成果につながっていく。だからこそ、トップリーダーは徹底的に食にこだわるのだ。ダイニングイノベーション代表取締役会長 西山和義に、「ここぞ!」の時に利用するレストランと勝負のひと皿を聞いた。


極上レストラン①:鮓 ふじなが

「魚への造詣に脱帽。外国人ゲストも必ずリピーターに」

「大将の藤永さんの魚と鮓にへの造詣がすごい。3段重ねくらいのウニの握りに始まり、50の隠し包丁を入れる熟成マグロなど、盛り上がりには事欠きません」

鮓 ふじなが
TEL:03-6435-3522
住所:東京都港区麻布十番 2-9-5
営業時間:18:00~/20:30~(2部制)
休み:月曜
※完全紹介制


極上レストラン②:NoMad Grill Lounge

「日本人ならではのステーキの味を追求した名店」

「ここで扱う大国牛は柔らかく、赤身の旨みが凝縮する。これにバター醤油で作った特製ソースをかけ、白飯と合わせる。僕にとってたまらない味」

NoMad Grill Lounge
TEL:03-5226-1129
住所:東京都千代田区紀尾井町 1-3 ガーデンテラス紀尾井町4F
営業時間:11:30~L.O.14:00/17:30~L.O.22:00(ドリンクL.O.23:00)
休み:無休


極上レストラン③:BISTRO TORICOYA

「仏国ボーヌで食べた、まんまビストロの味!」

「今、一番美味しいと思っている肉料理、プレロッティ。本場フランス・ボーヌで初めて食べ、その美味しさに感動。この料理を究めている店がこちら」

BISTRO TORICOYA
TEL:03-5725-1620
住所:東京都渋谷区恵比寿南 1-11-2 
営業時間:11:00~15:00/17:00~L.O.23:00(土曜・日曜・祝日は11:00~L.O.23:00)
休み:無休


勝負のひと皿:Wakiya一笑美茶樓の「ふかひれ」

お店の雰囲気、料理に惚れこみ、通い続けているという。料理は¥32,000のコースの一例。

西山氏の不動の勝負メシはふかひれ。「上湯で煮込む広東式より上海式は味が濃厚。スープに吹きたてのご飯を入れて食べるのが、また最高」。誰をも笑顔にする魔法の勝負メシだ。

Wakiya一笑美茶樓
TEL:03-5574-8861
住所:東京都港区赤坂 6-11-10 
営業時間:11:30~L.O.14:30/17:30~L.O.22:00(土曜・日曜・祝日は~L.O.21:00)
休み:無休


TOMOYOSHI NISHIYAMA
1966年生まれ。2012年に「ダイニングイノベーション」を創業。現在は「焼肉Kintan」など、国内外に100店舗以上展開している。


Text=山田貴美子(レストラン)、小寺慶子(勝負のひと皿) Photograph=上田佳代子