小山薫堂が選ぶ感動レストラン① ~ゲーテイスト2018まとめ

ゲーテ毎年恒例のレストラン企画「ゲーテイスト」で、小山薫堂が2018年に挙げた名店は全14店。今回は、小山セレクトによる珠玉のレストランをまとめて紹介する。デートにおすすめの店から新進気鋭のシェフの店、そしてわざわざ行きたい地方のかき氷の店まで バラエティに富んだリストは必見!

1.Ode

新世代シェフによる話題のフレンチ。コースの最初に登場するのは、オマールのムースをカカオバターでコーティングしたドラ○ンボール。小山氏は「この一品に心を持って行かれた」と語る。既視感のない料理は新鮮で、五感で楽しめる。


2.リストランテ センソ

「カウンターって距離が近いからデートにいいって言いますけど、そういうシーンでぜひ、お薦めしたい店」と小山氏。お気に入りのメニューは、いろいろな調理方法で楽しませる野菜と卵黄だけで作る手打ちパスタ。注目株のイタリアン。


3.ポワン ドゥ デバー

昨年、荻窪にオープンした、アットホームな雰囲気が魅力の "ザ・王道フレンチ"。カウンターでシェフとの距離が近いのも魅力。「穴場ってこういうお店のことをいうんだな」と小山氏。近所にあったら幸せを感じられる名店だ。


4.裏虎

〝裏虎〞は店名はなくて、常連客の間で呼ばれているという通称。焼き肉界のカリスマ、『虎の穴』の辛 永虎(しんよんぽ)さんが完全会員制で営む。小山氏が「こんなすき焼きは初体験」と心酔するほどの最高の肉体験ができる。


5.蕃 YORONIKU

名焼き肉店のイチオシはすき焼き。ザブトンをさっと焼いて、トリュフオイルを使ったタレと卵黄に絡めていただく。小山氏に「追加で白トリュフを頼んだら思わず頬が緩む旨さでした」と唸らせる、反則級の美味さだ。


6.虎峰

少量超多皿の中華料理店。コースでは25皿もの料理を堪能できるが、不思議と食後感は軽い。青島ビールやワイン以外に日本酒など、お酒のペアリングも楽しめる。六本木の裏通りというロケーションも抜群で、デートにうってつけ。


7.SUSHI B GINZA

表に看板はなく、小籠包の店の奥にある階段を上っていくと店がある。意外なロケーションに心掴まれる気鋭の鮨店。裏メニューのいなり寿司は、鰻や甘酢のガリが入っていて、じゅわーっと甘い油揚げが絶品。


「小山薫堂が選ぶ感動レストラン②」はコチラ