日本式の愛のチップでレストランを応援!【Cheer Up Restaurants!】

新型コロナウイルスの感染拡大で、大打撃を受けているレストラン業界。そのレストランを応援しようというプロジェクトが立ち上がった。

また好きなレストランに行ける日が来ますように……

疫病をおさめるという伝説の妖怪・アマビエが、ワイングラス片手にTiramisu!(イタリア語で「元気出して!」の意味) とにっこり。

食のウェブマガジン、FOOD PORT.が大好きなレストラン、いま苦労しているレストランに気持ちを届けようというプロジェクトを立ち上げた。編集長の伊藤美智子さんがその思いをコメント。

「いまLAではレストランが”募金”を呼びかけているようです。チップという習慣のあるアメリカでは、寄付は当たり前。でも、日本にはチップもないし、『レストランに寄付』というのもなかなかハードル高い。でも、こんな時だからこそ見返りを求めず、日本式の愛のチップ『心付け』で、”応援の気持ち”を渡したい。

ということで、Cheer Up Restaurants! と書いたポチ袋を作れるシートを作りました。また、身近にあるトマト缶や牛乳パックに貼ってドネーションボックスが作れるシートも! ポチ袋はテイクアウトの時に気持ちの寄付金を入れて渡してほしい(荷物を受け取る時にそっと差し出すとスムーズに渡せます。最初はドキドキするけど、一回やればコツが掴めます)。ドネーションボックスはお店の方に遠慮せずに店頭においてほしい。

Cheer Up Restaurants!の可愛いアマビエのキャラクターと一緒に、Tiramisu! と、ぜひレストランを応援してください 」

金額は大きくなくていい、と伊藤さん。お店で食べた時に飲むビール、ハイボール、ワイン1杯分でもいいのではないかと。

日常の生活において、人生の中で、なくてはならない"大切で愛しい存在"のレストランを心から応援したい。

Cheer Up Restaurants! レストランを応援しよう